液体(水や醤油)と固体(塩や砂糖)の正しい計り方。100ccは100gじゃない!

「さしすせそ」の液体と固体の正しい計り方

計量カップと計量スプーンで正しく量をはかる

料理の調味料と言えば、「さしすせそ」です。「 さ」は砂糖、「し」は塩、「す」は酢、「せ」はしょうゆ(旧仮名遣いで「せうゆ」)、「そ」は味噌。

そんな煮物などを作るときにかかせない調味料の計り方が、「さしすせそ」によって違うことを知っていますか。例えば、計量カップ一杯(200cc)で計った場合、酢は200gです。それが醤油の場合は、計量カップ一杯では230gになります。

おいしい料理を作るためには、正しい分量を計れることが必須です。「さしすせそ」の正しい計り方についてご紹介します。

ccとmlとgとの違いについて

料理をしているとき、「100gは100mlだっけ?」と迷ったことはありませんか。

  • ccとmlは体積の単位
  • gは質量の単位

mlとccは、どんな状況でも1ml=1ccです。しかし、gの場合は「体積=質量」ではないため「物質」によって変わってきます。正確には、状況よっても変わってきますが、日常生活の上では気にしないで大丈夫です。

物質(素材)によって変わる体積(cc)と質量(g)

調味料を計るとき、1cc=1gとやってしまいがちですが、それではレシピ通りに作っても、おいしい料理にならないかもしれません。なぜなら、素材によって1cc=1gではないためです。

体積(cc) 質量(g)
100 100
100 100
はちみつ 100 140
みりん 100 115
パン粉 100 20
カレー粉 100 40

※すりきりで計った場合

計量カップ、計量スプーンによる重量

料理のレシピは砂糖や味噌、粉モノなどの固体を計るときは、g(グラム)で表すことが多く、酒や醤油などの液体を表すときはcc(ml)が利用されていることが多いです。「酢」以外は、1cc(=1ml)が1gにならないことを覚えておいてください。

食品名 計量カップ
一杯:200cc
大さじ
一杯:15cc
小さじ
一杯:5cc
砂糖 110 9 3
食塩 210 15 5
200 15 5
醤油 230 17 6
味噌 230 18 6

※単位:g(グラム)
※すりきりで計った場合

計量カップの計り方

1.計量カップは水平なところに置く

傾いたテーブルでは、正しい量は計れません。

2.目盛りは真横から見る

上から見下ろしてみるのと、真横から見るのでは見え方が全く違います。横着をせず、計量カップを真横から見て計りましょう。

液体を計量カップに入れたとき、計量カップと接している縁の部分が、少し上に持ち上がってしまいます。量を計るときは、この持ち上がっている部分ではなく、縁に接してない持ち上がってない部分で量を計ってください。

3.その他

パン粉などの固形を計量カップで計るときは、ふんわりと入れて、軽くゆすって量を計ってください。スプーンで無理やり押し込んだりしないようにしましょう。

スポンサーリンクと関連コンテンツ