赤ちゃんがバンザイで眠る3つの理由

バンザイして眠る赤ちゃんうちの子は、なぜいつもバンザイをして寝るのだろうと思ったときは、ありませんか?

昔から言われている、赤ちゃんがバンザイをして眠る3つの理由を覚えときましょう。

赤ちゃんがバンザイで眠る理由その1

赤ちゃんは布団から手を出して、手から熱を出して体温調整を行うためです。赤ちゃんの体温は、大人よりも約0.5~1.度高い傾向があります。

理由は、体温の調節機能が未熟なため、常に高い状態になっています。赤ちゃんの高めの体温は、体温の調節機能が成長していくとともに下がっていくので安心してください。

赤ちゃんがバンザイで眠る理由その2

母親のお腹の中で丸まっていた赤ちゃんは、仰向けの状態に寝かすと自然とバンザイになるといわれています。大人が胎児のように丸まった姿勢を取り、解放すると手は自然と上に上げた状態になりやすいです。

赤ちゃんがバンザイで眠る理由その3

赤ちゃんがリラックスしている状態といわれています。完全に無防備な姿勢で寝られるのは、親や兄弟が近くにいて、安心しきって寝ている証拠です。逆に考えると赤ちゃんが不安なときは、バンザイして眠っていないと思いませんか?

赤ちゃんが安心しきっている、信頼してくれていると考えると、何だか親はうれしくなりませんか。そもそもバンザイ(万歳)とは、喜びや祝いを表す動作などを指していう言葉です。それを生まれながらにして、無意識に行っている赤ちゃんは、バンザイの意味を知っているのかもしれませんね。