定額給付金は効果があった?おなかの赤ちゃんも給付金もらえたの?

定額給付金定額給付金は、2009年3月4日に施行されました。1人1万2000円の効果はいかがだったのでしょうか?

外国人滞在者や、おなかの赤ちゃんも給付金はもらえたのでしょうか?

所得と自治体により支給額が変わる

給付金額を1人当たり12,000円、18歳以下と65歳以上には20,000円。所得制限に関して、各自治体が実情に応じて判断することにし、 制限する場合は所得1,800万円(給与収入概算2,074万円)を下限。

ちなみに1万2000円の支給額に8000円が加算される65歳以上の高齢者と 18歳以下の子どもについては、65歳以上の高齢者は昭和19年2月2日以前に生まれた人、18歳以下の子どもは平成2年2月2日以降に生まれた人が対象でした。

定額給付金はおなかの中の赤ちゃんには、適用されません。赤ちゃんはまだ生まれていないので戸籍を持っていないため。 2009年2月1日までに産まれた赤ちゃん(2月15日までに出生届が必要)が対象。また日本に住所がある個人や在留する外国人(短期滞在者は除く)を対象でした。

2008年アメリカで行われた

2008年2月13日に法案化しまとめ、2008年5月にかけて、税還付小切手をアメリカ中の対象者に配布。アメリカでもその効果があったかは不確かだが、受取額は1人600ドル。全員が受け取れたかというとそうではなく、この600ドル欲しさに詐欺事件が多かったようです。

「還付を得るために、あなたの銀行口座の番号が必要だ。」、「あなたの還付が早く受けられるようにお手伝いをしましょう。」といった詐欺行為が、 電話やメールで飛びかったようだ。日本でも全員が受け取れたかどうかは定かではない。

定額給付金の効果はあったのか?

定額給付金の給付が本格的に始まったのが、一部の地域では3月末からで、多くの地域では4月の中旬から、5月までの間がのピークでした。この間の日本の消費支出は、総務省のデータを見ると5月、6月とプラスになり一定の効果があったようです。

苦しい家計を支えたことは間違いありません。ただ2兆円もの巨額支出に見合ったものだったか、膨大な事務作業に忙殺された市区町村の負担、800億円を超える事務費などを考えてると、経済対策としては微妙だったのでは?