妊婦健診を受けないと、出産時に赤ちゃんが危険になる

定期妊婦健診最近では、妊婦健診を受けない妊婦さんが多いようです。

東京都の調査では、十分に妊婦健診を受けないで生まれた赤ちゃんのうち、24%が低出生体重児でした。

高い確率で赤ちゃんが危険に

出産前に「妊婦健診」を十分に受けず、救急搬送されて生まれた赤ちゃんのうち、約24%が低出生体重児(体重2500グラム未満)ということが分かりました。また母親が25歳未満のケースが、約45%と通常の5倍以上となっていることも分かりました。

妊婦健診を受けない理由とリスク

妊婦健診を受けていない理由で、最も多かったのは、「経済的理由」25件。次に「妊娠に気付かず」12件、「多忙」4件でした。経済的理由で受けられない場合は、各都道府県や地方自治体に相談してみましょう。

東京都では、「妊婦健診を受けていない場合、妊娠や出産についての情報が少ないだけでなく、意識も低くなりがちです。出産後の子育てにも影響する可能性がある」と、医学的にも社会的にもリスクが高まると説明しています。「受診していれば、母体や胎児に何かあっても気付くことができ、適切な管理ができる」とし、若い世代に警鐘を鳴らしています。

助成金を有効に活用

妊娠期間中には、合計14回の健診を受けるのが望ましいとされています。また各都道府県や、自治体でも公費で受診できるところや、助成金が出ますので調べてみましょう。

妊婦健診って何?健診内容と費用
http://garagaragara.com/ninpu/onaka/ninpukenshin.html