葉酸とビタミンでアルツハイマー改善

葉酸を含む食品群妊婦に葉酸がいいのは、ご存知ですか?妊娠初期には、特に意識して食事に取り入れて欲しいですね。

今回の実験で、葉酸の新しい効果がわかりました。

アルツハイマー病患者実験で初の試み

見立病院は、軽症期のアルツハイマー病患者にビタミンB群の一種の葉酸と、ビタミンB12を投与すると症状が改善することを実証しました。葉酸とビタミンB12が、アルツハイマー病の危険因子とされるホモシスチン(必須アミノ酸の老廃物)の血中濃度を下げることは、従来の研究で明らかになっていましたが、患者の集団に投与して証明したのは初めてでした。

検証した実験内容

同病院の軽症期の患者を
〈1〉葉酸を1日1錠投与する第1群(90人)
〈2〉1日に葉酸1錠とビタミンB12を3錠投与する第2群(92人)
〈3〉アルツハイマー病の薬として国内で唯一使われている「アリセプト」を投与する第3群(40人)

上記の3つのグループに分けて、2005年から1年間観察しました。重症度を示すミニメンタルテスト(30点満点で、値が低いほど重症)で効果検証。この結果、観察前は第1~3群とも平均20点でしたが、1年後には、第1群は23点に、第2群は25点に改善。一方、第3群は18点に悪化。また、第1、2群はホモシスチンの血中濃度も下がっていました。

中等症期以上の患者に葉酸やビタミンB12を投与しても、効果がなかったことから、発病早期にのみ有効とのことです。「根本療法にはならないが、病気の進行を遅らせるアリセプトしかない現状からみると、今回の検証は患者にとって朗報。」とのことです。

高齢化社会が進んでいく中、アルツハイマー予防という意味で年齢に関係なく、ぜひ食事の中に積極的に葉酸を取り入れていきたいですね。