低タール・ニコチン煙草の有害性。弱いタバコも体に与える害の強さは同じ

気分転換の一服弱いタバコなら体に影響が弱いと考えている方もいるようです。しかし弱いタバコも、強いタバコも体に与える害を与える強さはほとんど変わりません。

赤ちゃんが欲しいと考えている方は、絶対に吸ってはいけませんよ。

厚生労働省の研究班調査結果

低タール、低ニコチンのたばこを吸っている人ほど吸煙量が多く、タールやニコチンが多いたばこを吸っている人と同程度の有害な化学物質にさらされていることが、 わかったと発表されました。パッケージに表示されているニコチン量が10分の1になっても、摂取量は3分の1程度にしかならず、表示通りには煙害が減りません。

有害性調査方法

調査対象は、1日約19本を吸う20~65歳の約100人。普段吸っているタバコで、4段階のニコチンの強さで分類。摂取を示す化学物質(ニコチニン)量、呼気に含まれる一酸化炭素量などを調べました。
(※今回の調査ではタールの強さだけで分類。余談ですが、ほぼすべてのタバコのニコチン量はタール表示の約10分の1。)

  • Aグループは、タール1ミリ・グラム
  • Bグループは、タール3~6ミリ・グラム
  • Cグループは、タール8~10ミリ・グラム
  • Dグループは、タール14ミリ・グラム

有害性調査結果タール

タール6ミリ以下(Aグループ、Bグループ)は、1回で吸い込む平均吸煙量が58.4ミリ・リットルで、それより高いタールのたばこを吸っている人(50ミリ・リットル)よりも多い傾向がありました。 1日当たりの平均吸煙量では、高タールグループより、約4500ミリ・リットルも多くなっていました。

有害性調査結果ニコチン

表示されたニコチン量が多いほど増える傾向にはあったが、タール1ミリのグループの唾液(だえき)1ミリ・リットルに含まれるコチニン量は、タール14ミリのグループの約3分の1に過ぎませんでした。 一方、たばこの煙に含まれ、動脈硬化などの要因とされる一酸化炭素はタールやニコチン量による差はなく、ほぼ同量を吸引していました。

有害性調査結果

「低タール・低ニコチン煙草と表示されているが、実際は高タール、高ニコチンと同様の有害性がある 」 ということが、今回の調査結果でわかりました。赤ちゃんが欲しいと考えている女性は、息抜きに吸う弱いタバコでも吸ってはいけません。