お菓子好きは即実践しよう、太らないおやつの食べる方法

おやつが食べたいダイエット中の女性おやつは、女性に至福の時間をもたらします。妊娠中でも、ダイエット中でも、働いていても、どんなときでもです(笑)。

そんな女性が生きていくために、必要なおやつを食べても太らない(太りずらい)「魔法の時間」があることのご紹介です。

ランチ後の15時~18時は、ゴールデンタイム!

お昼の食べ終わった後の15時~18時の間は、脂肪を燃焼するホルモンが最も活性化される時間なんだそうです。そのたけこの時間帯に摂取したカロリーは、体内に吸収されにくく効率よく燃焼されます。

つまり、この時間帯におやつを食べれば、カロリーを吸収されにくいので太りにくいということになります。※それでも食べ過ぎには注意です。

運動での脂肪燃焼効果もアップ!ダイエット運動はこの時間

この時間帯はじっと動いていなくても脂肪が燃焼されやすくなりますが、運動すればより燃焼効果が高まります。

ダイエットをするなら、最も痩せやすいこの時間帯が最適なんです。たっぷり汗をかくエアロビクスなどの激しい有酸素運動はもちろんのこと、軽いウォーキングでも充分に効果が期待できます。

適度なおやつはストレス解消に

甘いものを我慢し過ぎるとストレスが溜まってしまいます。おやつを食べることで、脳内のドーパミン分泌量を増やし、ストレスを軽減することができます。ストレスが溜まって、「ドカ食い」をしてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか?

適度におやつを食べることは、ストレスによる過剰な食事を抑える効果があることがわかってきています。

こう考えると、昔から言われている『3時のおやつ』は、理にかなっているものなのかもしれません! 我慢し過ぎず、適度な息抜きをしながら、日常生活のストレスを発散させましょう。