お腹のダイエットには腹筋より、スクワットが効果的

スクワットの効果的な方法お腹の周りにお肉がつくと、ウエストを細くしようと腹筋をしてしまいがちですが、腹筋ではなくスクワットがオススメです。

「 エッ 」と驚かれる方もいるかもしれませんが、腹筋とスクワットでは、代謝の仕方が根本的に違います。

ダイエットとはどういうこと?

ダイエットとは、健康的に体脂肪を落とすことです。一般的に言われているダイエットと本来の意味のダイエット違いは以下ページを参考にしてください。

参照:ダイエットってどんな意味?本来の意味を知ってる人は少ない

そのためには、「食事制限」と「運動・トレーニング」の両方が重要です。消費カロリーが摂取カロリーを上回ると、体脂肪は減ります。これを継続的に行うと、ダイエットが成功することになります。

腹筋がダイエットに効果的じゃない理由

通常体脂肪は全身同時にまんべんなく増えたり、減ったりします。動かしている部位の脂肪だけが落ちるかどうか(部分やせ)は、専門家でも意見が分かれるところです。しかし、わかっていることは中途半端な部分やせ運動では、その脂肪だけを目立って落とすのは無理です。

そのためお腹の周りが気になってきたからといって、腹筋をするだけではウエストは細くはなりません。腹筋自体は小さな筋肉なので、がんばって鍛えて3割増にしても、全身の筋肉総量に比べたら微増なため、基礎代謝はほとんど増えません。

腹筋運動は効率が悪いです。もし筋トレするなら、筋量の多い筋肉群を鍛えるトレーニングこそが「直接のエネルギー消費」にも「筋肉量を増やして代謝を増す」にもふさわしいと言えます。では、基礎代謝を増やしてダイエットするために効果的な筋トレは何でしょうか?

ダイエット適した運動方法

体には下半身、特に臀部(でんぶ)から太ももにかけての筋肉群が、大きな筋肉になります。スクワットをすることで大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといった大きな筋肉をはじめ、下半身じゅうの大小の筋肉群が一遍に動きます。当然、消費エネルギーも大きくなるため、下半身の筋肉群を鍛えて3割増できれば、基礎代謝にも大きく影響します。

同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋だとなんと500回必要になります。ダイエットするための運動には、スクワットがオススメです。

私個人の感想としては腕立て、腹筋よりも、スクワットは疲れないから本当なのかと思ってしまいます。しかし、冷静に考えると足・腰は、体全体を支えている強い筋肉だということを言われれば確かにそうなのかな?と納得できるような気もします。

今度ダイエットに挑戦する際は、ぜひスクワットで頑張ってみたいです。