泣き虫な赤ちゃんは強くなる!赤ちゃんの3種類の泣き方

シェアする

大泣きしている赤ちゃん「泣かない子は、良い子」と教えてくれる先生がいますが、私は違うと思います。

赤ちゃんは、泣けば泣くほど強く、たくましく育つと思います。私の母親譲りの言葉ですが、理由もちゃんとあります。

赤ちゃんが泣くことは良いこと

赤ちゃんが泣くと体のあらゆる部分(肺、腹筋、脳)を使うため、強く健康的になると言われています。また赤ちゃんは、言葉の代わりに泣くことでママとパパとコミュニケーションをとったり、ストレスを発散しています。

赤ちゃんが泣く理由

赤ちゃんが泣いているときは、必ず理由があります。
泣いているときの理由は、ほぼ100%以下のいずれかに当てはまっています。

  • お腹が減ったよぉ
  • 眠いよぉ
  • お尻が気持ちわるいよぉ
  • 抱っこしてよぉ
  • なんか体が調子わるい(痛い・暑い・寒い)よぉ

赤ちゃんの泣き声の聞き分け方

赤ちゃんは産まれてから1ヶ月以内(個人差あり)で、泣き分けができるようになります。
ママとパパは、赤ちゃんの泣き声を注意深く聞きましょう。すると時間とともに聞き分けられるようになり、「赤ちゃんが、何をしてほしいのか」が、わかるようになります。

赤ちゃんの3種類の泣き方

  1. 生理的要求を訴えているとき
  2. 甘えたいと思っているとき
  3. 体の危険を感じているとき
  • お腹が減ったよぉ ⇒生理的な要求
  • 眠いよぉ ⇒生理的な要求
  • お尻が気持ちわるいよぉ ⇒生理的な要求
  • 抱っこしてよぉ ⇒甘えたいと思っているとき
  • なんか体が調子わるい(痛い・暑い・寒い)よぉ ⇒体の危険を感じているとき

▼「産後ママと育児」コンテンツに赤ちゃんの泣く、笑うについて掲載しています。
赤ちゃんの泣く、笑うのサインに答える~赤ちゃんが意思を伝えるサイン

サイレントベイビーにさせないで

いつも誰もいないところで泣かせていると、赤ちゃんが泣かなくなってしまうことがあります。
(※サイレントベイビーといういい方もされます。)

赤ちゃんは、「泣いても誰も来てくれない」とあきらめてしまい、泣かなくなってしまいます。
すると愛情を十分に感じずに育ってしまい、将来心を閉ざしてしまう可能性が高くなってしまいます。

赤ちゃんが泣いたときは、どんなときでも駆けつけてあげたいですね。

シェアする

フォローする