換気に必要な時間は5分だけ。新鮮な空気の良い効果

上手な換気の方法で、部屋の空気が新鮮に

換気する女性

みなさんは部屋の換気をしっかりしてますか?

春や秋の気温は過ごしやすいため、換気をするために窓を開ける時間が長くても気になりませんが、エアコンをよく使う夏と秋はいかがでしょうか。

気温の上がる夏は部屋を冷やすために冷房、逆に気温が下がる冬は部屋を暖めるために暖房と、エアコンを使って部屋を快適に過ごせる温度にしたときは、換気をしたくありません。

なぜなら、せっかくエアコンで部屋の温度を快適にしたにもかかわらず、窓を開けてしまうと、一時的に快適な環境が失われてしまいますからね。

しかし、私たちが過ごしている部屋の空気は、換気をしないと想像以上に汚れていきます。そのために定期的な部屋の空気の入れ替えは、絶対に必要な作業なんです。

また換気をして新鮮な空気を取り込むことで、様々なメリットがあることをご紹介します。

部屋の空気は、想像以上に汚れていく

室内の空気は、花粉や黄砂、排気ガスなど外から持ち込んできてしまうものと、身体から出るフケや衣類から出る埃(ホコリ)や繊維クズ、ダニの死骸やフンが交じり合い、外気以上に汚れていると言われています。

適度な部屋の掃除やエアコンの掃除がしていない場合においては、どんな状態になってしまっているかは想像もしたくないですね。

部屋の空気が汚れるのは冬

部屋の空気が汚れやすいのは、エアコンを利用して部屋を暖め、部屋の空気が乾燥している状態のときです。さらに暖房の温度を25度以上にしたり、換気をせずに長時間にわたって利用し続けていると、部屋の空気の状態は最悪です。

一つ目に起こるのは風邪ウイルスの浮遊です。風邪ウイルスは湿度の高い状況では、地面に落下してしまいます。しかし、湿度が40%以下になると、風邪ウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、エアコンの風や私たちの動きにより、風邪ウイルスは空気中を漂います。

もう一つ起こることは乾燥した部屋の空気は、私たちの鼻や喉の粘膜を直撃し、乾燥させます。そして、その乾燥した喉などの粘膜に埃やダニ、風邪ウイルスがつくと、風邪を引く原因になります。これが冬に風邪が流行る理由の一つです。

また部屋の空気の汚れによることが原因で、咳が止まらなくなる(百日咳)などになることもあります。

シックハウスという言葉はご存知ですか?

シックハウスとは、頭痛・めまい・吐き気・皮膚障害・鼻炎・呼吸器障害などの健康障害を引き起こす住まいのことを指します。家(住まい)から外に出ると症状が消える場合は、シックハウスの可能性が高いです。

シックハウスの原因は、住まいの建材から放散するVOC(揮発性有機化合物)、かび・ダストなどが考えられています。十分な換気や通風が確保されない部屋では、それらが室内に充満し、家の中で健康を害する可能性を高くしてしまいます。

症状が出ない場合もありますが、人体に何らかの影響していることは否定できません。シックハウスはある日突然発症する場合も考えられるので、日常的に注意する必要があります。

換気のメリット

適度に新鮮な酸素を吸わないと、脳の働きがにぶくなってきます。すると記憶する頭の働きが鈍り、集中力が低下する要因にもなります。特に生まれたての赤ちゃんがいる場合は、新鮮な空気をたくさん吸わせてあげてください。

1.新鮮な空気

人の呼吸から出た二酸化炭素や汚れた空気を排出し、新鮮な空気を取り入れます。また料理する際の火器使用の際、新鮮な空気(十分な酸素)は、不完全燃焼を防止する効果もあります。

2.除湿

近年の建物は密閉度が高く、暖房することで生じる結露によるカビの発生、床や壁の傷みが問題になることがあります。湿気のこもった室内の空気の排出は、私たちが生活するために良い環境が保つことができます。

3.除塵(ジョジン:空気中の細かなちりを取り除くこと)

空気中の埃には、有害な雑菌が付着しています。塵埃(ジンアイ:空気中に浮遊している粒状物)を排出することは、衛生環境を良くするだけでなく、埃が排出されるので、掃除する際も楽になります。

4.脱臭

不快感の臭いの原因となるキッチンやトイレは、換気することで脱臭効果があります。またタバコを吸う人がいる場合は、臭いを部屋に残さないようにするために小まめな換気が必要です。

5.温度調節

部屋が暖めすぎたり、冷え過ぎたときには、外気を取り入れることで室温を適温になります。換気は、エアコンの効きすぎた部屋のリセット機能の役割も担います。

空気の入れ替えをする時間はどれくらい?

空気の入れ替え時間をネットで検索してみると、ほとんどのサイトやブログでは「30分〜40分」、中には「1時間が理想的」などと書かれています。30分の空気の入れ替えは、とても現実的ではありません。快適にしたはずの部屋の温度が、元の温度の状態に戻ってしまいそうですから。

中西信博(早稲田集中力研究会代表)によると豪邸でもない限り、一般的な6〜8畳の部屋なら「5分程度」窓を開ければ、部屋の空気はほぼ全部入れ替わるとのことです。空気の入れ替えの頻度は、1日1回以上行うのが理想的とのことなので、1日に2回やっておけば、間違いなさそうです。

理想的な換気方法

換気をする際の窓は対極の2ヶ所、風が通るように開けるのが理想的です。そのときに、窓を全開にする必要はありません。ほんの少し、5センチほど開ければ十分です。

もし対極に窓がない場合は、換気扇でも大丈夫です。窓を1ヶ所開けて、換気扇を回して風を通してください。

エアコンに換気機能はついてない

「エアコンをつけている間は、エアコンが換気をしている」と多くの人が間違った認識をしていますが、エアコンには換気機能はついていません。詳しくは、下の記事をご覧ください。

エアコンに換気機能はついてない!空気の入れ替えはどうする?

効率的な喚起にはサーキュレーターが便利

サーキュレータ―って聞いたことありますか。

扇風機みたいな形をしているので、同じような役割に見えますが、実はその役割は全然違います。サーキュレーターの役割は、空気を循環させる機械です。

扇風機とサーキュレーターの違い

  • 扇風機:風を体に当てて涼しさを感じる
  • サーキュレータ―:部屋の空気を循環させる(動かす)

換気するときの設置方法

サーキュレータで換気をする

換気するときは、窓側へサーキュレーターを向けて、部屋の空気を外に出すように設置しましょう。サーキュレーターの設置は障害物がなく、水平な床などに置いてください。