保育園などにあずける親の心得。保護者としての大切なこと

親の心得の木札2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震がありました。そのとき、家族同士の連絡が取れませんでした。

もし地震が昼間に起きたら、保育園等に子供をあずけている保護者は、どうすればいいのでしょうか?

地震に備える確認事項

保育園に事前に伝えておくこと

  • 携帯電話番号、自宅電話番号、会社電話番号、複数のメールアドレスを伝えておきましょう。できるだけ連絡先は、数多く知らせておくことが望ましいです。
  • 外出する場合の保護者の行き先
    ※外回り、出張などで職場以外の場所に行く日は、その都度連絡ノートに書きましょう。
  • 転居や転職に伴う連絡先の変更
    ※入園時に伝えた連絡先に変更がある場合は、その都度連絡しましょう。
  • 通勤に使う経路
    ※保護者が使う路線状況を、園側が把握できるようにしておきましょう。

保育園への確認しておきたいこと

  • 保育園の連絡先
  • 非常時の避難先
  • 勤務先から保育園などへの徒歩ルート

夫婦間、その他の確認事項

  • 公共交通機関がストップして迎えに行けない場合や、電話がつながらない時の行動を夫婦の間で決めておきましょう。
  • 携帯電話が使えない場合に備え、小銭を準備しておきましょう。
  • 子供が一人になってしまった場合に備えて、名前、連絡先、血液型を記した身元確認物を子供に持たせておきましょう。プラスチック性の素材が水にも強くて丈夫です。