白い卵と茶色い卵は、味も栄養価も同じなのに値段だけが違う

白い卵と茶色の卵

私はつい最近まで、茶色の卵の殻の方が、「栄養価が高く体に良い」「おいしい」ため、値段が高いと思っていました。

しかし、卵の殻の色について調べてみたところ意外なことがわかりました。

白い卵と茶色い卵は殻の色以外全て同じ

白い卵と茶色い卵の殻の色は違いますが、中身の「味」「栄養価」どっちも同じということをご存知でしたか。おまけに卵の殻の厚みまでも同じです。
※卵の殻の厚みは、鶏の年齢によって違いますが、基本的に同じ年の鶏の殻の厚みは同じになります。

ではなぜ私たちは茶色い卵の方が良いという思い込みを持っているのでしょうか。

白い卵と茶色い卵の値段の差

スーパーに行くと茶色い卵は、白い卵より高く販売されていることは知っていますよね。この値段の差からくる思い込みが、私たちの中に「茶色い卵の方が高価」だと植え付けられてしまっています。ではなぜ卵の中身は両方とも同じなのに、茶色の卵の方が値段が高いのでしょうか。この理由には二つあります。

一つ目の理由は、売れない製品を大幅値上げして、「安物より高価なものの方が質はいい」というイメージを逆手にとるマーケティングのテクニックによるものです。

このマーケティング手法と同様に、白い卵と茶色の卵を同じ値段で並べてるよりも、差をつけることで卵の売れ行きが良くなったことから、今も同じように売られていると考えられます。

もう一つの理由は、茶色の卵を産む鶏の方が白い卵を生む鶏よりも大食いだからです。そのためエサ台がかかる分値段が高くなっています。

栄養価の高い卵とそうでない卵の違い

「白い卵と茶色い卵の値段の差」で説明しましたが、全ての卵が同じではありません。栄養価の高い卵、高級なブランド卵は存在します。

その卵の値段の違いは、主に餌の違いによる部分が大きいようです。高価な餌を与えて鶏を育てれば、黄身の色や栄養価も変わってきます。覚えておきたいのは、鶏に高価な餌を与えたとしても、卵の殻の色とは無関係だということです。

明日は、白い色の卵を買いましょうかね。