子どもにもサングラスが必要!夏に限らず、冬も紫外線対策

子供のサングラス夏に限らず、冬にも子どもがサングラスをしているのを見かけます。

日本では、子どもに紫外線対策を行っている親は少ないですが、海外ではサングラスは当たり前です。なぜなら、紫外線はそれぐらい体に毒だからです。

目元オシャレとUV対策

外出や戸外でのレジャーの際に、大人と一緒に子どもにもサングラスをかけさせる家庭が増えてきています。

サングラスはファッションとしてだけではなく、厳しい夏の日差しや紫外線から子どもの目を守る重要な役割として利用されはじめています。また紫外線は夏に限らず、冬にも強い紫外線が出ています。季節に関係なく、晴れているときはサングラスをかけさせてあげたいです。

200人を対象にした意識調査

2009年ジョンソン・エンド・ジョンソンが、視力を矯正している子どもをもつ母親に行った意識調査では、子どもの紫外線対策は「何もしていない」という人が42.5%でした。「紫外線カットの化粧品・日焼け止めの使用」(31.5%)、「帽子をかぶる」(27.5%)、「サングラスをする」1%。

今後子どもに、サングラスをかけさせたいと考える人も1%にとどまりました。理由は、「他の子どもがやっていないから使いにくい」「子どもには必要ない」といった意見が多かったとのことです。

海外ではサングラスは当たり前

海外では紫外線対策の一つとして、子どものサングラス着用を積極的に勧めている国があります。日本では、子どもの目を紫外線から守るという考えが浸透していません。

サングラスを置いている渋谷の販売店では、子ども用のサングラスを置いていると驚かれることもあるそうです。しかし、大人のサングラスの認知度が高まるにつれて、子どものサングラスについても理解されはじめていて、売上が伸びているとのことです。

子どものサングラスは、オシャレで機能的なものも選びがちですが、一番重要なのは、サングラスをかけたときに、子どもの顔周りを圧迫しないかどうかです。これからサングラスの購入を考えている方は、この部分のチェックを忘れないでください。