コンビニで医薬品の販売開始。コンビニが一層便利になる

シェアする

コンビニで医薬品販売コンビニエンスストアで、一部医薬品の取り扱いが始まって2年半。

24時間営業していて便利な立地ということもあり、夜間に医薬品が必要な時に、コンビニで販売しているのは非常に助かりますね。

2009年6月1日の法律改正

薬局・薬店以外でも、新設された「登録販売者」がいる店舗では、一般用医薬品(市販薬)の販売ができるようになりました。医薬品には、副作用等のリスクもあるため、専門家がリスクを最小限に抑えて、最大の効果が発揮されるように医薬品を分類して販売しています。

今まで薬剤師が居ないと販売できなかった医薬品が、登録販売者を置けば、第二類医薬品と第三類医薬品に限り販売できることになりました。医薬品取り扱いにおける規制緩和です。い薬が手に入りやすくなったことは、私たちの暮らしを安心させてくれます。

既存のドラッグストアや町の薬屋は厳しく

スーパーやコンビニなどの医薬品販売への参入は、既存のドラックストア、小さな町の薬屋にとっては厳しくなってしまいました。競争の激化を産み倒産しているお店も多く見受けられます。

シェアする

フォローする