子どもの食べ物の好き機嫌いは、お皿の彩りで直せる!

色鮮やかなお子様ランチ子どものお子様ランチには、食べ物の好き嫌いを直すための工夫がされています。

この記事を読んだママは、今すぐ子どもにお子様ランチを注文したくなるかもしれません(笑)。

最近わかった研究成果

大人でも子どもでも、好き嫌いを克服するのは大変なものです。アメリカにあるコーネル大学の新しい研究成果によると、食事に特定の色数があると、好き嫌いが多い人も食欲がわきやすくなることがわかりました。

子どもの場合は、一皿に7つの食材と6つの色があるのを好む傾向にあることがわかりました。大人の場合は、一皿に3つの食材と3つの色があるのを好むそうです。この説に従って食事を作れば、味や香りではなく、視覚に直接訴えかけることができます。

お子様ランチ

お子様ランチには、色とりどりの食べ物がプレートに載っていますが、あれは子どもの好き嫌いをなくすために考えられた究極のランチかもしれません(笑)。家でも彩りを気をつけるだけで試せるので、ぜひチャレンジしてみてください。

1歳児の食べ物の好き嫌いは、成長の証拠

1歳前後の赤ちゃんは、口当たりがよければ肉や野菜など何でも食べる傾向が強いです。しかし1歳を過ぎると、味や色、そして食べ物の形の区別ができるようになるため、今まで食べていた物を好まなくこともあります。これは赤ちゃんが、成長している証拠です。

同じ食べ物でも形や大きさを変えたり、調理法や味付けを変えるだけで食べてくれるケースもあります。例えば小さい子は軟らかいものが好きだと思いがちですが、野菜なども煮込んだりするだけでなく、生野菜のままであげてみましょう。