不妊症の原因は、50%が男性不妊による影響

不妊症治療はパートナーと一緒に解決

不妊症治療は夫婦で解決

不妊症の原因は男性と女性同じ割合

不妊症治療の統計によると、女性に何らかの原因があるか又は問題有りが40%、男性に何らかの原因がある又は問題有りが40%です。それ以外の男女ともに何らかの原因がある又は問題有りが20%といわれています。

不妊症は一般的に女性の体の問題として認識されていますが、実際はそうではないことを知っておいてください。

上記の説明でわかるように不妊症原因は、男性も女性も同じの割合です。そのため女性だけが、不妊治療の病院で行くだけでは解決できません。不妊治療をするためには、2人の協力が必要になります。

不妊症治で問題は、男性がこの事実を知らないことにあります。すべての女性が、私のようにこの事実をストレートに話せればいいのですが、女性の中には男性にこの事実を伝えずらく感じる人も多いでしょう。

しかし、不妊治療をするためには伝えなくてはなりません。うまく伝えられない人は、何かきっかけを作って、一緒に病院に行きましょう。そして第三者である先生から、不妊治療の現状を話してもらうのがいいかもしれません。

男性不妊の主な原因

重症男性不妊症

乏精子症

精子が少ない場合や、運動率が悪い場合には人工授精や体外受精が必要です。

無精子症
  1. 睾丸自体が精子を作っていない場合(非閉塞性無精子症)
  2. 睾丸自体は精子を作っているが、射出できない場合(閉塞性無精子症)

2のケースでは、睾丸内もしくは精巣上体内にある精子を採取して、体外受精により受精卵を得ることが可能です。

ED(勃起障害、勃起不全)

セックス(性交)時に十分な勃起が得られないために、満足な性交ができない状態。