妊娠中のおなかの大きさ。私のおなかのサイズは普通?

おなかのサイズは普通より大きめ、小さめ?

妊婦のおなかの大きさ

私のおなかのサイズ

妊娠中に多くのママが、「赤ちゃんは順調に育っているのか?」「私のおなかの大きさは普通なのか? 」と常日頃思う事なのではないでしょうか。

おなかが大きくなると赤ちゃんが成長し過ぎて、無事に出産できるか不安になり、逆におなかが小さ過ぎると、赤ちゃんが順調に育ってくれているのか、不安に思ってしまいがちです。しかし、おなかの大きさは、大きくても小さくても、経過が順調であれば、問題はありません。

おなかの大きさの違う3つの理由

おなかの大きさと形は、上記の理由によって人それぞれ違います。おなかの出る位置が、胸の方によっていたり、おなかが全体的に広がるように大きくなる人もいます。おなかの大きさはあまり気にせず、「赤ちゃんが順調に育っているのか」に気をつかいましょう。

1.赤ちゃんの大きさ

生まれてくる赤ちゃんの大きさの違いで、おなかが大きく見えたり、小さく見えたりします。実際に生まれる赤ちゃんが大きければ大きく、小さければ小さく、赤ちゃんの大きさに応じておなかの大きさは変わってきます。また赤ちゃんの体位や向きによっても変わります。

2.骨盤の大きさ

お母さんの骨盤の大きさの違いで、おなかが大きく見えたり、小さく見えたりします。骨盤が小さいとおなかが大きく、逆に骨盤が大きいと、赤ちゃんを包みこむようにおなかは小さく見えます。

3.お母さんの体系

お母さんの体系によっておなかが大きく見えたり、小さく見えたりします。体系が大きければおなかは小さく、逆に体系が小さければおなかは大きく見えます。また腹筋が強ければ、おなかが前に出ずらくなり、逆に腹筋の弱いとその分前に出やすくなります。

妊娠週数と子宮底長と胎児の体重の変化の目安

妊娠週数 子宮底長 胎児の体重
20週 15~20cm 約250g
24週 18~24cm 約648g
28週 22~28cm 約1,029g
32週 26~32cm 約1,536g
36週 29~34cm 約2,187g
40週 31~36cm 約3,000g

出産時の赤ちゃんの大きさ

生まれてくる赤ちゃんの大きさは、両親ともに大きかったり、体格がいいと大きめの赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。また出産回数を重ねるとおなかの皮膚が伸びやすいため、大きな赤ちゃんが生まれる可能性が高いようです。

男女の性別を比べた場合は、成人男女を比べると男性の方が大きいように、男の子の方が大きな赤ちゃんが生まれる可能性が高いようです。

フォローする