海外旅行保険は楽天カードで十分!?その驚きの補償内容をチェック

楽天カードの保険金額を2倍にする裏技を公開

楽天カードの海外保険内容がスゴイ

海外旅行に行くときには、クレジットカードの海外旅行保険が便利ですよね。ただし一つのクレジットカードの海外旅行保険だけでは、保証は十分ではありません。

楽天カードの場合も同様です。ただし楽天カードの場合は条件がありますが、保険金額を2倍にする方法をした場合は、楽天カードだけでも十分です。

海外旅行保険とは?

一般的な海外旅行の保険内容

楽天カードに限りませんが、一般的なクレジットカードの海外旅行保険の大枠は下記の5つの補償です。ざっくりいうと海外旅行保険は、生命保険、医療保険、損害保険、盗難保険が合わさったものです。

1.事故死(障害脂肪/後遺障害)

事故死や障害が残ったときの保険金 ⇒ 生命保険

2.病気やケガ(障害/疾秒治療費用)

病気やケガの治療費の保険金 ⇒ 医療保険

3.損害賠償(賠償責任)

損害賠償を請求された時の保険金 ⇒ 損害保険

4.持ち物(携行品損害)

持ち物の盗難や破損の保険金 ⇒ 盗難保険

5.救援車費用(救援者費用

捜索費用、家族に助けに来てもらう費用の保険金

海外旅行保険は何を見て選ぶのがいい?

海外旅行保険で、最も保険金が利用される保険金は、病気ケガの治療費用です。ということは、一番使うかもしれない可能性が高い「医療保険」が充実している海外旅行保険を選ぶのが、一つの選択方法です。

保険金支払い件数の割合
  1. ケガ病気治療費用+救援車費用:51.5%
  2. 携行品損害:30.9%
  3. 飛行基地円/結構/ロストバゲージ:13.7%
  4. 旅行キャンセル/中断
  5. 個人賠償責任
  6. その他

※2016年度ジェイアイ傷害火災保険株式会社

ちなみに海外旅行保険の病気/ケガ治療費用の保険金は、かかった病院代のすべてが支払われます。日本の医療保険みたいに「1日入院5000円」ではなく、かかった費用の全額が支払われ、自己負担無しになるため、「治療費用」が重要です。

楽天カードの海外旅行保険

楽天カードに無料で付いてくる海外旅行保険の内容

海外保険内容は、VISA/JCB/マスターともすべて同じです。保険の期間は3ヶ月で、保険内容は以下の通りです。

  • 傷害死亡/後遺障害 2000万
  • 傷害治療費用 200万 (1回のケガにつき)
  • 疾病治療費用 200万(1回の病気につき)
  • 賠償責任 2000万(1回の事故につき)
  • 携行品損害 20万 (カード発行月から1年で)
  • 救援者費用 200万(カード発行月から1年で)

楽天カードのメリット

  1. 年会費無料
  2. 一般カードとしては海外旅行保険の補償内容が優秀
  3. 楽天ポイントが貯まる
  4. 家族カードを作ると、保険金額が2倍になる
    ※利用方法はページ下部に記載
一般カードとは?

クレジットカードには、カード会社が発行する最もベーシックなクレカを一般カードと呼びます。または、スタンダードカードやクラシックカードと呼ぶこともあります。

グレードの高いクレカには、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどがあります。

楽天カードの海外旅行保険デメリット

  1. 海外保険が利用付帯で少しめんどう
  2. 楽天カード1枚だけの保険では不足
    ※医療保険部分の限度が200万円
  3. レンタル品の盗難が海外旅行保険の対象外
  4. ETCカードを使う際は年会費500円が必要
利用付帯とは?

ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードで利用しなければ、海外旅行保険が適用にならないことを指します。

楽天カードの海外旅行保険を最大限に活用する裏技

1.年会費無料のままで保険金額を2倍にする方法

  1. 夫婦ともに楽天カードの本会員になる
  2. 夫婦それぞれのカードで家族カードを発行する

※大前提として夫婦で「楽天家族カード」が作れることが条件になります。

上の手続きをすると、夫婦がそれぞれ2枚の楽天カード(本会員カードと家族カード)を持つことができるようになります。

そうすることで、1人が2枚分の保険を持つことができます。その結果、付帯する海外旅行保険はカード2枚分になり、保険金の限度額も2倍になります。ただし、死亡補償だけは2倍になりません。

楽天カード 楽天家族カード 合算結果
保険期間 90日 90日 90日
条件 利用付帯
傷害死亡/後遺障害 2000万 2000万 2000万
傷害治療費用 200万 200万 200万
疾病治療費用 200万 200万 400万
賠償責任 2000万 2000万 4000万
携行品損害 20万 20万 40万
救援者費用 200万 200万 400万

具体的な楽天カードの使い方

夫婦で一緒に海外旅行する場合

夫婦で持っている楽天カード4枚のうちの1枚で2人分の交通費を支払うと、3枚の楽天カードの保険が有効になります。

例えば、夫の本会員カードで2人の交通費を支払った場合は、以下の3枚のカードの保険が有効になります。

  • 夫が持つ本会員カード
  • 妻が持つ本会員カード
  • 妻が持つ家族カード

夫が持つ家族カードは有効になりません。夫の持つ家族カードの保険を有効にするには、その家族カードで夫の旅費交通費を支払うか、妻の本会員カードで夫の旅費交通費を支払う必要があります。

夫婦の片方が一人で海外旅行する場合

一人旅行のときは、夫婦での「同行者」の特権が使えません。つまり、本会員カードと家族カードの両方の保険を有効にしたい場合は、それぞれのカードで自分の分の旅費交通費支払いが必要になります。

楽天カードの保険は、ツアー代金の一部だけのカード払いでも、保険は有効になります。また交通費の支払い内容に関しては、公共交通機関(正確には「公共交通乗用具」)ならOKです。

利用付帯の保険が有効になる支払い一覧
  1. 電車
  2. バス(時刻表があるもの)
  3. バス・電車などの回数券やプリペイドカード購入
  4. タクシー
  5. 船(時刻表があるもの)
  6. 航空券(時刻表があるもの)
  7. 燃油サーチャージ代
  8. 航空機の座席のアップグレード代
利用付帯の保険が有効にならない支払い一覧
  1. 高速道路代
  2. 空港駐車場代
  3. レンタカー代
  4. 空港利用税
  5. 航空券の発券手数料
  6. マイレージの交換手数料
  7. 飛行機チャーター料金
  8. ホテルのシャトルバス
  9. オプショナルツアー
  10. ガイド代
  11. Uber

2.保有者全員が連帯補償

楽天カードは、一定の条件をクリアしていれば、一緒に旅行に行く家族や友達までも保険が適用されます。

一定の条件とは、同行者も楽天カード会員であることです。そうであれば、何人かで一緒にツアーに参加して、誰かが支払いをした場合も保険が適用される対象となります。

スポンサーリンクと関連コンテンツ