進行流産

しんこうりゅうざん

流産が生じ進行している状態。下腹部痛や出血が強く、頸管は開大しており保存的な治療は現在(2010年)の医学では不可能なものがある。症状は下腹部の痛み、性器出血。

治療方法は完全流産不全流産かで異なってきます。