乳腺炎

にゅうせんえん

乳房がパンパンにかたく張って、痛みを伴います。また熱が出たときは乳腺炎の可能性が高くなります。 乳腺炎は乳汁のうっ滞している部分が細菌に感染して起こるため、乳汁の分泌がよい人はなりやすいようです。

乳腺炎になる時期は、お産の入院中になることは少なく、乳汁の分泌がスムーズになる産後2~4週間ころから起きやすいです。

母体の免疫力が低下していると、乳頭が切れたり、傷ついたりして細菌感染することがあります。乳頭のケアには十分注意し、外傷ができたときは、早めに産院の母乳外来などを受診しましょう。

また高熱や痛みがあるときも、乳腺炎の可能性があるので早めに受診しましょう。 薬の成分は母乳に微量混じりますが、赤ちゃんへの悪影響はないので、できるだけ授乳は続けましょう。