世界一の中絶が多い国は日本。ピルを使わない日本人

ピル解禁が遅れた理由

ピルを使わない日本人

ピルが浸透しない日本

日本でピルは、1999年9月末に解禁されました。日本は世界的に最も中絶の多い国でしたが、先進国の中で一番遅く解禁となりました。先進国が次々とピル解禁をしてきたのに、なぜ日本では解禁されなかったのでしょうか。

理由の一つは、日本の性教育が不十分なため「正しい情報が女性に伝わっていないから」が性に関する調査結果でした。性について情報は男性が74%、女性が55%、マンガやポルノ雑誌から学んでいるのが現状です。

あるフラン人ジャーナリストは、「18~35歳の女性は未熟。自分の生き方をコントロールする習慣がない。ピルを服用するかどうかは、相手次第だと答える女性が多く、自分で決めない」とコメント。

ピルに対する反対意見

ある医師はピルに反対

ある医師は、ピルに反対する意見の一つに「薬がナチュラルでないため」と話しています。しかし私たちは、生活を豊かにするためにインターネット、車、調理器具など様々なものを生み出してきました。

また別の医師は、公式にはピルを勧めない。ピル以外に妊娠を防ぐための方法があるためと説明。なぜ多くの指導する立場の人間である医師が、ピルに対してネガティブになっているのでしょうか。

それは、多くの人がピルはフリーセックスの象徴であり、援助交際を助長すると考えているからです。ピル解禁を遅らせた原因の一つは、若者のモラルを低下させてしまうと考えられていたからです。

若者の援助交際

援助交際

日本は売春を容認している国です。ですが、高校生が自分の3倍も年上の男性に体をさわらせてお金を稼ぐ、いわゆる援助交際が黙認できないくらい大きくなってしまった。

ピルを推進することは、この抑制できないビジネスをさらに加速させてしまう可能性がある。援助交際している若年層は、かなりの数が中絶を経験しているため、ピル解禁の足かせとなっていたことは間違いありません。

中絶はするが、ピルは飲みたくない日本人

マザー・テレサ

マザー・テレサが「日本は中絶のパラダイス」と発言した有名な言葉があります。日本は、100人の妊婦のうち22.4人が中絶していて、この割合は世界一だということを世界に広めました。

1998年の中絶数の発表は約343000、15~25歳の女性は10万人以上が中絶という恐ろしいデータが残っています。今後も中絶は増えていくと考えられています。

日本の少子高齢化が議論されていますが、日本の闇の部分にもスポットが当たるように祈っています。