拝むだけで運気上昇!明日にでも行きたいパワースポット

伊勢神宮の外観出産に育児、仕事に恋も順調に過ごしたい!その想いを叶えやすく、運気を上げてくれる特別な場所をご紹介します。

ちなみに日本が誇る2大パワースポットは、出雲大社と伊勢神宮です。

パワースポットとは?

パワースポットとは、生命や活動の源となるエネルギーが集中している場所のことが、一般的な解釈とされています。※風水などでは龍穴と言われています。大昔から地球上にはエネルギーの集まる場所があるとされ、人々はそれを敏感に感じ取り、特別な場所とされてきました。

日本では、多くの神宮や大きな神社・仏閣は、ほぼ確実にエネルギーの高い場所、いわゆるパワースポット上に存在しています。パワースポット巡りが、神社巡りに近い感じになる理由はこのためです。

人間の体には経路やツボがあり、地球にも同じとのことです。人の体は、気功の治療をすることで、経絡の流れを良くし自然治癒力の促進を働きかけてくれます。また整体では、ツボを効果的に刺激することで、体を柔らかくしたり、疲れを取ってくれたりします。

同じように地球にもエネルギーの流れや、パワーが集まる場所などがあり、その場所に行くことで恩恵を得れるのではないでしょうか。
※30代になり出雲大社を訪れ、そのときからこんな風に思うようになりました。何故なら、その時から調子がいいからです。

パワースポットの種類

一般的にパワースポットは、3つの種類に分類されています。聖地と呼ばれる場所、自然に溢れた場所、神社仏閣とされる場所です。

  • STタイプ(Shrine & Temple)
    「神社寺院」のSTタイプは、伊勢の神宮、下鴨神社、熊野本宮大社など、人の手によって創られた神社仏閣、古代遺跡などがある場所。
  • Nタイプ(Nature)
    「自然」のNタイプは、富士山や白山など、山、渓谷、滝、海岸など、大自然そのものがパワスポになっている場所。
  • Fタイプ(Fusion)
    「統合」のFタイプは、神社や寺院の一帯だけでなく広いエリアで大きな癒しのゾーンとなっている場所。

覚えておきたいパワースポットの参拝方法「二拝二拍手一拝」

  1. 鈴を鳴らします。※鈴が無い所もあります。
  2. お賽銭を賽銭箱に入れます。
  3. 二拝(2回頭を下げてお辞儀をし神様への敬意を表します。)
  4. 二拍手(二度手を打つことで神を招きます。)
  5. 自分の住所、氏名を神様に伝えお願い事やお札を心の中で唱えます。
  6. 一拝(最後にもう一度お辞儀をすることで神様を送り返します。)

都道府県別人気パワースポット

島根県のパワースポット

出雲大社:島根県

伊勢神宮と並び称されてきた古社で、童謡にも親しまれた因幡の白うさぎでも有名なパワースポットです。

三重県のパワースポット

 伊勢神宮:三重県

皇室のご先祖である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮と衣食住の守護神である豊受大御神(とようけのおおみかみ:写真)を祀る外宮を中心に、別宮、摂社、末社、所管社合わせて125社からなっています。内宮に鎮まる天照大御神は、我が国で最も貴く、国家の最高神とされるパワースポットです。

京都府のパワースポット

 伏見稲荷大社:京都府

商売繁盛・五穀豊穣・開運の守護神として古くから庶民の信仰を集め、全国約4万近くある稲荷神社の総本社です。毎年初詣の時期は近畿地方の社寺で最多の参拝者を集めるパワースポットです。