出産後、夫を敵と見なす母性本能。女性が母親に変わる

シェアする

仲間はずれのパパ「子どもができて、妻が冷たくなった」という話を、結婚した友達から聞いたことがあります。

実は、「子どもを守ろうとする母性本能」が、「妻を冷たくした理由」と大きく関係しています。

脳内のホルモンバランスの変化

女性は、出産をすることで脳内のホルモンバランスが、女性から母親へ変わります。そのとき、「弱いもの=自分の子供を守る」という母性本能は、今まで以上に強くなります

育児生活に協力的な夫には、協力者として敵という認識は持たないかもしれません。しかし、非協力的な夫には、母性本能が働き敵と見なします。旦那様は、この事実を知っておかなければいけません。

出産後、パートナーとのつながり方

産後2~3年の間が、母親の母性本能が強くなっている時期になります。そのため、この期間にお互いが今まで以上に思いやりをもって行動することが大事になります。

父親は、積極的に家事、育児に携わり母親の負担を軽くする。母親は、母性本能が強くっていることを自覚して、自分の言葉使いに気をつける。長い夫婦生活で良好な関係を保つには、こういった行動は必要不可欠です。

また夫を出産に立ち会わさせることで、私がどれだけ苦労して子どもを産むのかがわかり、育児に協力的になってくれるはずです。

出産の立会いについて、夫がどちらでもいいと考えているならば、積極的に立会ってもらうようにお願いしましょう。産後良好な関係は、出産の立会いから始まると言っても過言ではありません。

シェアする

フォローする