赤ちゃんの髪の毛と体毛。薄くても濃くても心配なし

シェアする

赤ちゃんの髪を心配するママが多い

赤ちゃんの髪の毛が薄い

我が子は将来ハゲる?

生後3ヶ月たっても赤ちゃんの髪が薄いままだと、「将来うちの子はハゲてしまうんではないか? 」と思ってしまい身の回りの人に聞いたり、調べたりした経験のあるママは意外と多いのではないでしょうか。

将来自分の子がハゲてしまうか、そうならないのかは遺伝的なものが強く関係していて、生後間もない赤ちゃんの様子は全く関係ありません。赤ちゃんの髪は、ちゃんとみんな生えてきますので、心配しないでください。

この時期の赤ちゃんの髪の毛の量は、「髪が薄い赤ちゃんの方が涼しくて、頭皮にアセモができずらくて良いかもしれない。」と前向きに考えてみてください。きっと、今より気持ちが楽になると思います。

髪や体毛が薄かったり、濃かったりするのは何で?

赤ちゃんは髪を手でこすったり、引っ張って抜いたりしてしまいます。また寝ているときも、枕でこすれてしまい、髪や眉毛が抜けてしまいます。だから、赤ちゃんの髪は薄くなってしまいます。

これは体毛も同じことが言えます。起きているときにおとなしく、寝ているときもあまり寝返りをしない赤ちゃんは、洋服と体がこすれにくいので、体毛が濃い赤ちゃんになりやすくなります。

まれに遺伝の影響で元々髪や体毛が多かったり、濃かったりする赤ちゃんはいますが、心配しないで見守っていてください。遺伝子が影響しるレベルで変化が起きていたらどうすることもできませんが、一般的には時間の経過とともに気にならなくなります。

おでこ・耳・ひげ・背中などの体中に生えている赤ちゃんの産毛は、赤ちゃんの皮膚(体)を守ってくれています。赤ちゃんの皮膚が強くなり始める生後3~12ヶ月頃には、産毛の役割を終えて抜けてなくなっていきます。

産毛が抜けて髪が生える

だいたい早い子で生後3ヶ月くらいからでしょうか。体中の産毛が抜けはじめ、しっかりとした髪の毛が生えてきます。赤ちゃんによる個人差があるため、生後10ヶ月がたっても髪が生え変わらず、薄いままの赤ちゃんもいます。

ここでママに覚えておいてもらいたいのが、この時期の赤ちゃんは髪が生え変わるために、抜け毛がかなりの量になることを覚えておいてください。 赤ちゃんの枕が毛だらけになってしまったり、授乳時の際腕に抜け毛がついたり、様々シーンで抜け毛が気になってしまうかもしれません。でもちゃんと新しい髪が生えてくるので心配しないでください。

絶対NG。昔の薄げ予防対策

昔は髪の毛が薄いときに髪の薄い部分を剃る習慣がありましたが、これは危険なのでやらないでください。赤ちゃんはまだ体が弱いので剃った部分からバイキンが入ったり、剃っている途中に赤ちゃんが動いてしまったりしたら大変なことになってしまいます。

赤ちゃんの髪質

将来髪が残る、残らない同様遺伝的影響が強く、両親が直毛同士であればおそらく直毛の赤ちゃんが生まれます。生まれてから2才、3才ぐらいまでは天然パーマが残っていても、その髪が抜けた後や、髪を切った後に今までとは違う髪質の直毛が生えてくることが多いようです。

赤ちゃんの髪質は個人差もありますが、完全に新しい髪に変わるのにかかる時間が、一般的に3才ぐらいまででかかり、その頃まではなんともいえません。

髪の毛が部分的には生え変わる赤ちゃんや、いっぺんに生え変わる赤ちゃんなど様々なパターンがあるためです。だから赤ちゃんの髪質については、一喜一憂しないでください。

シェアする

フォローする