固まった砂糖をサラサラにする方法。保存場所は冷暗所

砂糖が固まらないように保存するには?

サラサラの砂糖使ってますか?

料理をしようと思ったら、砂糖が固まっていて使いづらい…。そんな経験をされたことがある方は、結構多いのではないでしょうか?

固まってしまった砂糖は、簡単にサラサラにすることができます。また砂糖が固まらないように保存する方法もご紹介します。

なぜ砂糖は固まる?

いつの間にか砂糖が、カチンカチンに固まってしまうことがあります。その理由は、砂糖が乾燥してしまうからです。砂糖には乾燥してしまうと固まる性質があるため、こうなってしまうとフタを開けて中身を砕いて使うしかありません。

固まってしまった砂糖をサラサラにする方法

霧吹きでサッと水分を与えてビニール袋に密閉しておくと、サラサラの状態に戻ります。一度で戻らなければ、何度か繰り返しましょう。

砂糖をサラサラの状態で保存する方法

砂糖は、温度や湿度が繰り返し変わると固まることがあります。そのため密閉容器に入れ、温度の変化が少ない冷暗所で保存するようにして下さい。

密閉容器に入れると湿度によるダメージが少なくなります。冷暗所におくと、日光があたることもなく温度の変化もなくなります。
※我が家では、戸棚の中に入れてます。特に固まったことはありません。

砂糖は乾燥によって固まりますので、冷蔵庫は保管場所として適していません。冷暗所と言っても極端に気温が低い必要はなく、直射日光の当たらない、キッチンの中で比較的に気温が低くなると思われる場所で保管していただければ大丈夫です。

また、パンをちぎって入れておくか、ヨーグルトなどに付いてくる粒状の砂糖を混ぜておくと固まらりづらくなります。