体脂肪を燃やす運動は「激しく」よりも、「ゆっくりと」が効果的

シェアする

エアロビクスダイエットやエクササイズに関する情報は世の中にあふれています。その中には間違ったものも数多くあります。

フィットネステクノロジーの会社「Digifit」が、正しい有酸素運動について教えてくれました。

体脂肪が一番燃えやすいタイミング

体脂肪を一番燃やすためにはゾーン2の範囲内(最大心拍数60〜69%)で、常に一定して運動をするのが良いとのことです。体脂肪の燃焼は、このゾーン内だけで起こります。そのため長時間激しくない運動をすることで、体脂肪がより多く燃焼されるようになります。

最大心拍数が高いゾーンでの激しい運動は、全体のカロリー消費量は多いかもしれません。しかし、ゾーン2のゆっくりとした運動の方が体脂肪燃焼にはたけています。

運動後の体重測定

運動をしても体重が減らない理由

運動はカロリーを消費し、体重の減少をもたらしますが一つ問題があります。それは運動した後、私たちを空腹にしまうことです。誰もが経験あると思いますが、運動した後って、いつも以上に食べてしまうやすくなります。これが原因で、運動した後すぐに消費したカロリーを帳消しにしてしまいます。

では体重を減らすにはどうすればいいのか?
日常の食事を気をつけること以外ありません。どんなに運動をしても、それ以上に食べてしまっては元も子もありませんから。

シェアする

フォローする