炭酸水の驚くべき3つの効果!ダイエット効果や疲労回復、植物も元気に

シェアする

炭酸水ヨーロッパや海外セレブが日常的に飲んでいた炭酸水が、日本でも人気に!

理由は、炭酸水が体にもたらしてくれる様々な効果がわかってきたからです。その代表的な炭酸水の3つの効果を紹介します。

炭酸水でダイエット効果

炭酸水は、体の中に入ると炭酸ガス(二酸化炭素)が血管の中に入り込み血管内が酸素不足になります。酸素不足になった血管内では、血管を広げてたくさんの酸素を送り込もうとするため血流が増加します。この血管内の状態は、人間が走っているときと同じ状態になり、その結果ダイエット効果や健康に繋がっていきます。

また炭酸水は、食前や食事中にコップ一杯(目安200cc)飲むことで食事量を減らし、満腹感をもたらします。これは体の中に入った炭酸水が、胃の中でガスになり満腹感を刺激するためです。

セレブに人気の炭酸水

疲労回復

炭酸ガスは、体内に溜まった疲労物質である乳酸を積極的に体外に排出し、疲労回復を促進させる効果があります。元々人間の体には、このような疲労物質を除去する仕組みがありますが、運動量が多くなってくるとこの働きが鈍くなります。炭酸ガスは、その働きを活発化させてくれる優れものなんです。

植物に炭酸水をあげて元気に

炭酸水は土を豊かにして、成長を促進するリン酸や他の栄養素が含まれています。加えて最近のアメリカの大学の研究では、植物に炭酸水を与えると芽の成長が通常の170%にも増えたそうです。また炭酸水を与えられた植物は、葉っぱの緑の色合いも良くなるようです。※ちなみに水道水の場合は67%増えた検証データだそうです。

植物に炭酸水

シェアする

フォローする