栄養ドリンクの落とし穴。日常化の危険性と代替え食品(野菜と果物)

栄養ドリンクコーナー風邪で体がだるい、疲れがたまって体が重いとき、栄養ドリンクを飲んでしまっていませんか?

あまり知られていませんが、栄養ドリンクには思わぬ落とし穴があります。

長寿の国フランスが警告

フランスの保健当局は、栄養ドリンクに含まれている「カフェイン」「タウリン」「グルクロノラクトン」の3つの過剰摂取は体に悪影響を及ぼすということを何度も発表しています。

例を上げると、世界的に有名なある飲料中には、カップ1杯分ものカフェイン、8日で消費すべきタウリン、600日で消費すべきグルクロノラクトンが含まれていると報告されているとのことです。これらは長期的に見ると、甲状腺への悪影響や心臓のトラブルなどにつながる恐れがあるので、注意が必要だそうです。

簡単に栄養をとれたり、体が元気になった気がしたりする理由はこういうことだったんですね。そうそうおいしい話はないようです。

疲労回復を助ける野菜

大根の葉、冬瓜(トウガ)、ニンニク、ねぎなどビタミンB1、B2が多く含まれている野菜を積極的にとりましょう。山芋は、消化促進・滋養・強壮の働きで、疲労を回復させます。
またビタミンCを多く含むピーマンは、疲労回復だけでなくストレス解消にも役立ちます。

疲労回復を助ける果物

レモンやリンゴなど、クエン酸が多く含まれている果物を、糖分と一緒に摂りましょう。例えば、バナナなどと一緒にミキサーにかけて飲むと簡単です。そのときレモンをちょっと絞って入れてあげると、風邪の予防にもなります。