科学的に証明。褒めることで、子どもは伸びる!

親に褒められている子供東京大学先端科学技術研究センターの研究チームらが、「人は褒めると伸びる(成長する)こと」を証明しました。

育児を行う両親、生徒・学生に教育する先生や指導者等には、ぜひ知っておいて欲しいですね。

アメリカの科学誌で発表

運動トレーニングを行った際に他人から褒められると、運動技能が高まることを、東京大学先端科学技術研究センターの渡邊克巳准教授などの研究チームが証明しました。その発表が、米国科学誌の「プロスワン」に掲載されました。

どんなテストで証明された?

右利きの成人の男女48人に、30秒間のうちにできるだけ速く、順番通りにキーボードを打つ、連続的な指の動かし方を覚えてもらいました。

そのトレーニングの直後に48人を「自分の技能が褒められたグループ」「他人の技能が褒められるのを見たグループ」「自分の技能の成績グラフだけを見せられたグループ」に分けられました。

翌日に、覚えた技能を披露するテスト(30秒間のうちにある順番で何回打てるか)を行ったところ、自分が褒められたグループの成績(回数)は20.0%伸びたとのことです。他人が褒められたグループの伸びは14.4%、自分の成績を見たグループの伸びは13.1%にとどまっったとのことです。

褒められたグループの人たちの脳は、自然ともっと褒められようとするため、運動技能の取得がより促され、その結果より高い成績を残すことができたとのことです。

「褒められることは、脳にとっては金銭的報酬にも匹敵する社会的報酬であり、この社会的報酬を得ることで、運動技能の取得がより上手に促されることを証明したことにつながったとのことです。

今後世界の教育方針が、大きく変わるかもしれません。

「なんだそんなことで、証明されたの?」と思ってしまう人は多いのではないでしょうか?
今まで褒めて伸ばすということに関して、何の根拠もありませんでしたが、科学的に証明されたことは大きなことです。

なぜなら、育児を行う両親、生徒・学生に教育する先生や指導者等には、一つの効果的な方法として確立されたからです。育児を行っている両親であれば、こどもの悪いところを指摘するよりも、いいところを見つけて「褒めて伸ばす」教育方針にしてみてはいかがでしょうか?