カンガルーケアの言葉の響きが招く、安全面での問題点

シェアする

カンガルーケア中の赤ちゃん初めてカンガルーケアという言葉を聞いて、危険な行為かもしれないと思える人はどれくらいいるでしょうか?

カンガルーケアは、死んでしまう赤ちゃんもいるぐらい、リスクのあるケア方法です。

カンガルーケアとは?

赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、ママの皮膚と赤ちゃんの皮膚を接触させながら保育する方法です。この方法がカンガルーの子育てに似ていることから、名づけられました。

カンガルーケアはいつ始まった?

1979年コロンビアの首都ボゴタで2人の小児科医師によって、極低出生体重児を対象にはじめられました。この病院では定員過剰、機材不足、スタッフ不足という状態のため、一つの保育器に2~3人の赤ちゃんを同時に収容することも珍しくなかったそうです。その結果、交差感染の頻度が高く、多数の低出生体重児が感染のために死亡していました。

そこで、母親に自分の体温で赤ちゃんを温めてもらうという処置をとってもらいました。これにより、低出生体重児であっても自律哺乳が容易になり、感染源から隔離することができたため、低体温・栄養不足・交差感染による死亡が激減しました。

国内では1990年代、母子関係を深めるために、早産などで新生児集中治療室(NICU)に入院中の赤ちゃんで始まりました。最近は早産でなくても、出産直後の赤ちゃんにカンガルーケアを行っている病院が多いとのことです。

カンガルーケアの評価

1983年、ユニセフではカンガルーケアを発展途上国で推進するため、

「保育器に未熟児を収容する代わりに、母親の乳房にぴったり接触させる。これには科学的技術は必要なく、コストもいらない。カンガルーケアの導入前では、1000g未満の低出生体重児の全員が死亡していたが、いまでは、その4分の3が救命されている。1000~1500gの低出生体重児の死亡率は70%から10%に低下した」

と宣言し、低出生体重児の保育方法として世界中に広めています。

カンガルーケアのメリット

  • 呼吸が規則的になり、体温が安定する
  • 赤ちゃんの眠りが深くなり、起きているときも穏やかになる
  • 感染症の危険が減少する
  • 母乳保育が進む
  • 親子の絆が深くなる

亡くなってしまう赤ちゃん、意識が戻らない赤ちゃん

カンガルーケアをめぐっては医療訴訟も起きています。中には、カンガルーケアを中止する施設も出てきました。理由は、正常新生児に限ってカンガルーケアの最中に急変し、重症化する赤ちゃんがいることが報道されるようになったからです。

気道閉塞を起こすなど、何らかの理由で呼吸が停止してしまうことが多いようです。早く気づけば大事には至らないことケースが多いが、時間が経過してしまうと、脳に酸素が欠乏し致命的な損傷を受けてしまいやすくなります。

本来カンガルーケアは、早産などでNICU(新生児集中治療室)に入る赤ちゃんが、母親との絆を深めるためのスキンシップを指すものです。NICUでのケアは看護師らの経過観察の下で実施されていますが、分娩室では十分な観察がないままケアが行われしまい、赤ちゃんの状態が急変して障害が残るケースもあるです。

早急なカンガルーケアの呼び方の変更

何も知らない人が、カンガルーケアという言葉を聞いたとき「安全」というイメージを持ってしまうことに問題があります。NICUに入った赤ちゃんへのケアと、一般の赤ちゃんへのケアを区別することが必要です。

前者については「カンガルーケア」、後者については、「早期母子接触」と呼ぶように日本周産期・新生児医学会は、提案しています。

シェアする

フォローする