自然解凍は細菌だらけ。冷凍したお肉や魚を正しく解凍する方法

シェアする

正しい肉や魚の解凍方法は、うまさを高める

冷凍された肉

肉や魚をスーパーなどの特売で買い、いつでも使えるように冷凍庫にストックしている人は、多くの人が実践している節約方法です。※私はいつもそうしています。

あなたはその冷凍された食材を使うとき、どうやって肉や魚を解凍していますか?

冷凍された肉や魚は、上手に解凍することで、さらにおいしく食べることができます。そんな短時間で上手に解凍する方法をご紹介します。

細菌が繁殖する温度

細菌は5~60度ぐらいの間で繁殖します。そのため、室温(15~20度)での自然解凍は、衛生的に非常に良くありません。なぜなら、お肉の中心部が解凍されるころには、外側は何時間も細菌の繁殖しやすい温度にさらされてしまうからです。

食品に火を通し、加熱処理すれば大丈夫だと思われますが、その場合はしっかりと肉の中心まで調理したときの話です。特に肉の場合は、ミディアムレアで食べたりする人が多いので、気をつけなければなりません。

肉や魚の解凍は、最悪の場合を想定すると、大腸菌やサルモネラ菌にさらされるリスクを伴い、そうなってしまっては手遅れです。肉や魚を解凍するときは、正しい方法で行うようにしましょう。

理想の解凍方法

理想の解凍方法は、冷凍庫の肉や魚を冷蔵庫に入れて解凍しましょう。冷蔵庫での解凍は、低い温度でゆっくりと解凍することで、肉のうまみを逃がさないように解凍できます。温度変化が大きいと、解凍中に肉汁が出やすくなり、おいしくなくなってしまいます。

ただこの解凍方法のデメリットは、冷凍されているものの大きさにもよりますが、約6~10時間が必要になります。肉や魚の食品をすぐに解凍して調理したいときは、この解凍方法は不向きです。

短時間で肉や魚を解凍する方法

素早く短時間で、かつ安全に解凍するためには、冷たい水を使いましょう。解凍方法はシンプルで、密封できる袋に解凍したい食材を入れて、冷たい水の入ったボウル(容器)に沈めるだけです。

ポイントは水の温度が上がり、細菌が繁殖しないようにするために氷水を使うことです。氷がないときは、20分おきぐらいに水を取り替えましょう。

氷水による解凍

電子レンジで解凍は、時間がかからず便利ですが、熱で身が変色したり、ビチョビチョになってしまいます。全解凍や半解凍などの機能がついている電子レンジでも、一部はまだ凍っていたり、熱くなりすぎて縮んでしまうことも少なくありません。

食材を美味しく、かつ安全に食べるためには、多少の手間は必要です。時間を優先するか、おいしさを優先するかは、その時の気分で決めてもいいかもしれません。良い食材を使って料理するときは、最大限においしく調理するために理想の解凍方法をすることをオススメします。

繰り返しになりますが、肉や魚の解凍は自分や家族の体を守るためにも、自然解凍は避けるようにしましょう。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

フォローする