回転寿司人気ネタのサーモンは代用魚。エンガワや穴子なども

シェアする

回転寿司で大人気のサーモンは鮭じゃない

サーモンの寿司

性別や年代に関係なくお寿司は、みなさん好きですよね。特に回転寿司は、気軽に食べれるで私達の味方です。

だけど、「その回転寿司がなぜ安いのか」を知っていますか。回転寿司の企業秘密といってもいいかもしれません。

寿司は高級食材だったが、今では・・・

一昔前の回転寿司がない時代の寿司は、高級料理の部類に入っていました。しかし、今では回転寿司のおかげで、身近で食べれる人気外食産業となりました。右肩上がりの成長を続けるこの業界の市場規模は、2000年頃からの10年で約2倍になっています。

回転寿司カウンター

人気回転寿司お店ランキング

※「好きな回転寿司店といえば?」NewsCafe調べ(解答総数1,795)

  1. かっぱ寿司 (23.6%)
  2. スシロー (23.5%)
  3. 無添くら寿司 (20.4%)
  4. はま寿司 (4.8%)
  5. 銚子丸 (3.7%)
  6. 元気寿司 (2.6%)
  7. 平禄寿司 (2.2%)
  8. がってん寿司 (1.9%)
  9. マリンポリス (0.9%)

代用魚(偽装魚)とは?

みんなが大好きな寿司ネタ上位には、性別や年代に関係なく同じものがランキングされています。サーモンやまぐろ赤身、まぐろ中トロ、えんがわ、穴子、ウニ、イクラなどです。そんな人気の寿司ネタたちに代替魚が使われているって知っていましたか。

ちなみに代替魚(偽装魚)とは、日本で古くから食用とされてきた魚介類の代用として、違う魚を利用することです。寿司でいうと、寿司ネタの部分ですね。

代用魚(偽装魚)の一部をご紹介

サーモンの代替魚のニジマス

今やどこの回転寿司でも利用されています。またトラウトサーモンも利用されていることが多いです。トラウトサーモンとは、ニジマスを海で養殖したものになります。

サーモンの代替魚

マグロの代替魚のアロツナス(ホソカツオ)

体長は約80cmです。肉質がマグロ類に比べて、やや黒っぽく脂肪分が多い特徴を持っています。回転寿司でマグロやカツオのたたきとして利用されています。

アロツナス(ホソカツオ)

えんがわの代替魚のオヒョウ

本来希少な部位であるはずのヒラメやカレイのエンガワ(縁側)です。しかし、回転寿司の実態は全く無縁で、最大3mもの深海魚のオヒョウのエンガワです。

エンガワの代替魚

穴子の代替魚のクロアナゴ

回転寿司では安く食べられますが、今や穴子は高級魚です。そのためまず本物は出てきません。写真のような1m50以上あるクロアナゴが出回っています。写真のクロアナゴは、400~500人分ぐらいの寿司ネタになるようです。

穴子の代替魚

アワビの代替魚のロコ貝(アワビモドキ)

高級品として名高いアワビも、その正体はチリ産のロコ貝です。歯ごたえがアワビにそっくりな貝です。ニュースでも京都ブライトンホテルで話題になりました。

アワビの代替魚

極めつけは、この寿司ネタの真実!

回転寿司人気ランキング1位のマグロは、実はアカマンボウ

代替魚は法律で取り締まれないのか

専門家によると、明らかに違う種類の魚を別の魚として表示する寿司ネタは、虚偽であり違法性があるようです。また魚の種類を混同させるような表示は、実際の魚よりも良いものと勘違いさせる可能性があるため、景品表示法上の不当表示に該当する可能性があるとのことです。

しかし、一般的に多くの回転寿司で提供される寿司ネタには、代替魚が当たり前のように使われています。その理由は、飲食店で提供される寿司ネタには表示ルールがないためです。もっと正確に言うとルールはありますが、寿司ネタ(飲食店)には適用されません。

そのルールは、法律でいうとJAS法の加工食品品質表示基準に該当します。この法律は、原材料を一般名称で表示することを義務づけています。しかし、JAS法の基準は容器包装された加工食品に適用されるもので、飲食店で提供される商品には適用されません。

例えば「イクラ」は、サケの卵として日本では知られていますが、イクラの語源のロシア語では、「魚の卵」という意味です。そのため寿司屋側が、イクラはサケの卵とは限らないと主張する余地を残してしまっているのが現状です。

私たち消費者は、安くておいしい寿司を食べたいと思っています。きっと店側も、そのニーズを叶えたいと思って寿司を提供しているはずです。しかし、名前を聞いたこともない魚の寿司ネタは、食べる人を減らしてしまうでしょう。

寿司屋が代替魚を利用して握っているのは、私たち消費者に知られていない魚を美味しく食べてもらう一つの手段なのかもしれません。

最後に私の行きつけの回転寿司をこっそりご紹介します。ぜひお試しあれ!

間違いないNo.1回転寿司

シェアする

フォローする