驚くほどよく搾れる!レモンやライムの果汁を絞るときの3つのポイント

レモン&ライム料理やお酒に使うレモンやライムは、やっぱり搾りたての新鮮な果汁が一番です。またどうせ絞るなら、「果汁を余すところなく」絞り切りたいですよね。

3つのポイント抑えると無駄なく果汁を絞りきれますよ!

果汁を絞るポイント1・・・搾る前にコロコロ

レモンやライムだけでなく柑橘類のフルーツは、搾る前に固い台の上に置いて転がすと、中の果実がバラバラになって果汁が搾りやすくなります。固い台がなければ、手の平の手首に近い部分を使って、コロコロ転がすだけで効果があります。

この方法は、果汁を絞る器具が手元になく手で搾る場合は一番効果があります。もちろん調理器具を使って絞る場合にも効果があるので、ぜひ覚えておいてください。

果汁を絞るポイント2・・・搾る前に電子レンジでチン

レモンやライムを絞る前に、電子レンジに入れて10秒前後温めてください。それだけで驚くほど果実を絞り出すことができるんです。

原理は台の上で転がす方法と共通している点があります。それは、電子レンジの熱がフルーツの水分子に直接働きかけるため、転がさなくても同じような効果が得られます。もう少し細かく説明すと、熱を加えることで果汁を保つ果肉の薄皮がはじけ、フルーツを切った時に中身がまるで「固形のジュース」のみたいになります。

他にも電子レンジにかけた方が良い理由があるといわれています。これは推測ですが、熱によって水分子が刺激され、果肉を覆っている薄皮が柔らかくなり果肉がはじけやすく、果汁が絞りやすいと考えられます。

果汁を絞るポイント3・・・凍らせてから電子レンジでチン

「水を凍らせて氷にすると、膨張して分子が破裂する」というのがこの方法を裏付ける理由なのですが、これを説明されてもピンときませんよね。理由はともかく、凍らせた後で電子レンジにかけることで、さらに絞りやすい状態になることだけ覚えておいてください。

果汁を絞るポイントのおまけ・・・レモンやライムは縦にカット

横カットレモンNG

レモンやライムは横ににカットするよりも、縦にカットした方が良く搾れるそうです。

しかもその量が3倍近くも果汁が取れるとのことです!ぜひ試してみてください。