産後の骨盤ケアと下着選びが大事。広がった骨盤は元に戻らない

妊娠前のカラダに戻すには産後1~2ヶ月が勝負

広がった骨盤を元に戻す期間

出産を終えた体は弱ってます

産後は出産のときの大量の出血により、一時的に貧血になりやすくなります。特にカルシウムが、体から少なくなっているるため、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になりがちです。

そのため産後直後は、体の回復に努めなければなりません。この時期のダイエットは、普段のダイエットと比べて慎重にやらなくてはなりません。

産後の回復期の体で気をつけたいこと

基礎代謝

出産後は、基礎代謝が著しく落ちるといわれます。日常生活では、積極的に運動を取り入れていきましょう。この時期に運動をしないで食べ過ぎてしまうと、確実に太ってしまいます。
※運動する場合は、係りつけの医者に相談してから行ってください。

食生活

産後の食生活は、妊娠・授乳期にたくさん食べていた習慣を、妊娠前の食生活に戻すことができません。そのために、産後に太り気味になってしまうケースが、多い理由のようです。

サプリメント

産後は、赤ちゃんへの授乳を与えます。サプリメントなどの摂取については、係りつけの医者に相談しましょう。

ダイエット開始時期

減食ダイエットする方は、産後の体の回復を考えて産後の6ヶ月、生理3回以上、断乳後を目安にして始めましょう。
※母体が元の体に完全に戻る期間は、個人差もありますが1~2年です。

広がった骨盤を元に戻すための時間は1~2ヶ月

骨盤は出産時に広がり、産後1~2ヶ月ぐらいで元に戻ります。この期間に骨盤に負担をかけると、元の大きさ(形)の骨盤に戻らなくなってしまいます。

広がったままの骨盤は、お尻や腰周りが大きく見えてしまい、太っているように見えてしまいます。二次的に広がった骨盤は、脂肪のつく体積が増えてしまいます。最初のうちは見かけだけですが、時間がたつと実際にそこの部分に脂肪がついてしまい、太ってしまいます。

骨盤が広がらないようにするためには、骨盤を元の位置に戻すしかありません。日常生活を正しい姿勢で送り、足を組む、横座りなどアンバランスな体のポーズを避けることが、予防になります。

骨盤を広げないようにするには、産後余裕を持って3ヶ月間、日常生活の中で正しい姿勢を意識してみてください。

下着は妊娠前の体へ戻してくれる

下着による強制(リフォーム)をはじめるのは、早ければ早いほど効果があります。産後のリフォーム下着は、「やせる」ためではありません。下着の役割は、脂肪を移動すべき場所に移動させるためです。

産後2ヶ月間ぐらいの期間は、産後の脂肪は柔らかいため、妊娠前の体に戻すための絶好のタイミングになります。また自然と自分の体も元に戻ろうとする力が働くので、あくまでも下着は補助的な役割だと思ってください。