妊娠費用・出産費用。あれやこれやとかかるお金

シェアする

妊娠、出産費用は病院によって費用が違う!

妊娠費用や出産費用と妊婦はお金がかかる

出産前後に必要なお金の目安

出産前:約12万円

内訳

  • 妊婦健診(初診料+平均14回×5,000円):7万円
  • 風疹抗体価検査、胎盤検査 :1万円
  • マタニティ用品(パジャマ・下着等):2万円
  • 生まれてくる赤ちゃんの洋服、ケア用品:2万円

出産時:約41万円

内訳

  • 分娩費用(入院費含む):41万円
    ※分娩時の中毒症は入院費:5万円/1日

出産後一度だけ買う物:約5.5万円

内訳

  • 生まれてくる赤ちゃんの洋服、ケア用品:2万円
  • 抱っこひも(あると便利。無くても可):0.5万円
  • ベビーカー(あると便利。無くても可):3万円

出産後毎月必要なもの:約1.6万円

内訳

  • オムツ:0.5万円
  • オッパイが出ないときのミルク:0.5万円
  • 洋服代:0.5万円
  • ケア用品(オシリ拭き・シャンプーなど):0.1万円

出産後不定期に必要なもの:約12万円

内訳

  • 予防接種(1回3,000円×年4):1.2万円

妊娠から出産までにかかる費用が統一されない理由

出産は、病気ではないという考えから医療費は健康保険の適用外となります。そのため出産までにかかる費用には、基準がありません。大きな病院の医療器具や検査設備が充実している産婦人科と、町にある小さな産婦人科では、総額の費用が大きく変わってきます。

助産院の分娩費用の平均費用は約40万円、個人産院の平均は約30~35万円です。個人産院の分娩費用は、30~80万円と費用にばらつきがあるため、事前に分娩費用をチェックしておきましょう。

ちなみに「ブランド産院」と呼ばれる有名産院での妊娠から出産までにかかる費用は、平均的な病院の2~3倍程度になります。

公立と私立の大学病院、総合病院の出産費用目安

大学病院 総合病院
公立 約40~50万円 約35~40万円
私立 約45~55万円 約40~45万円

出産のタイミングで変わる費用

出産が個室か大部屋かで日割り計算で、約5千円位割増になります。また出産が昼か夜か、平日か休日かなどでそれぞれ約1~2万円割増しになります。出産時に帝王切開になった場合は、約2万円割増になります。

分娩時の条件による費用の違い

個人と大部屋

1日あたり個室は、大部屋の5,000円増しが目安。

平日と休日

休日・祝日は、平日の入院費の1~2万円割増しが目安。

日中と深夜

深夜は、日中の入院費の1~2万円割増しが目安。

シェアする

フォローする