葉もの野菜を「パリッ」とおいしく長期保存する2つのポイント

キャベツやレタス、小松菜やほうれん草などの葉物を上手に保存体を健康に保つためには毎日の生活に野菜は欠かせません。

キャベツやレタスは、一度に使いきることって難しく、また小松菜やほうれん草も、使いきらずに残ってしまうことはありませんか。

葉物野菜が残ったときは、ぜひ試してみてください。

葉物野菜の賞味期限はどれくらい?

野菜は時間が経つにつれて、野菜自身に蓄えられている栄養を使いながら生きようとします。そのため葉っぱが緑から黄色に変化している野菜は、野菜自身がが相当栄養分を使ってしまっています。

葉物野菜は乾燥に弱いため、水分を保てる状態を作ってあげると新鮮に長く保存することができます。 ※今回の方法では1週間以上は、冷蔵庫に保存できると思います。

葉物野菜はシーズンによって傷みやすかったり、保存方法によって日持ちが変わってきます。買って何日だから大丈夫と判断するよりも、状態を見て判断した方が良さそうです。ご家庭での野菜が食べれるかどうかは、見た目と匂いで判断しましょう。

葉もの野菜をおいしく長期保存-ポイント1

まずは葉もの野菜は食べやすい大きさにして、洗って水を切り、普通にサラダを食べるように準備しましょう。ます。ポイントは、しっかりと水を切るのことです。パリッとした触感でレタスを長持ちさせるには、水分は大敵です。

次に冷蔵庫への保存方法です。大きなボウルに野菜を入れて、その上にペーパータオルを1~2枚かぶせます。こうすることで冷蔵庫に保存している間、水分で野菜がベチャッとなることを防げます。最後にラップでボウルを隙間なく覆ったら、冷蔵庫に入れて保存しましょう。

ボウルレタス

葉もの野菜をおいしく長期保存-ポイント2

食べる前に、冷蔵庫から取り出した野菜に塩を振りましょう。塩は鮮度の大敵である水分を外に出してくれます。食べる直前に軽く塩こしょうやドレッシングで味付けすれば、美味しく食べられます。

またサラダを取り出して食べる前には毎回必ずかき混ぜましょう。そのときペーパータオルが湿っているときは、取り替えるようにしましょう。

生野菜