カテキンの7つの健康効果。インフルエンザにも効果あり

カテキンはポリフェノールの一種

カテキン、タンニン、ポリフェノールの関係

緑茶には抗ウイルス作用があることが、以前から知られていました。

近年緑茶成分のカテキンが、 インフルエンザウイルスの心臓部に直接作用して増殖を抑える効果があることがわかりました。

カテキンとは?

よく雑誌や新聞、飲み物のパッケージで「お茶にはカテキンが含まれている」と宣伝しているのを見かけますが、「カテキン」って何だか知っていますか。

カテキンは、お茶の苦味成分のタンニンに含まれています。ワイン好きの方は知っているかもしれませんが、カテキンやタンニンはポリフェノールの一種です。

ポリフェノールには、血液をサラサラにする効果などがあり、サプリメントや健康法所食品に使われることが多くなった人気の成分です。ポリフェノールには、さまざまな種類がありますが、どのポリフェノールにも抗酸化作用を持っているのが特徴です。

ポリフェノールの主な3つの効果

1.活性酸素を除去して血液をサラサラ

ポリフェノールの高い抗酸化作用は、悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを上昇させることがわかっています。悪玉コレステロールは血液をドロドロにし、動脈硬化の原因になります。

2.アンチエイジング効果

活性酸素が増えると、シワやタルミの要因になります。抗酸化作用を持つポリフェノールは、活性酸素の量を減らし、若々しい細胞を保つことができます。

3.高血圧予防

リンゴポリフェノールやカカオポリフェノールは高血圧予防効果が高いとされています。高血圧を引き起こす酵素(アンジオテンシン)の働きを阻害し、カカオポリフェノールは血管を広げて血圧を下げる効果があります。

新たにわかったカテキンの可能性

研究ではインフルエンザA型ウイルスからこの酵素を取り出し、緑茶に多い5種類のカテキンを一つずつ加えたところ、2種類で酵素が働かなくなりました。

この2種類のカテキンと、酵素の分子の立体構造をコンピューターで計算し、重ね合わせると、酵素分子の表面にある複雑な形のくぼみに、カテキン分子がすっぽりとふたをして働かなくしていることがわかりました。

カテキンの7つの効果

1.抗酸化作用

脂質の酸化を予防し、脂肪や糖分の分解を促進する効果があります。また、コラーゲンを活発にさせ、保水性をあげる働きがあるため、美肌につながります。

2.抗菌作用

風邪のウイルスの活性化を抑え、予防ができます。また、O-157やコレラ菌を倒す強い殺菌力があるため、食中毒の予防対策にも期待できます。

3.コレステロール上昇抑制作用

体内の血中脂ステロール)質(コレを正常化にする効果があります。正常化にすることで、血管の内側の溜まった血中脂質や血栓による心臓病や動脈硬化を防ぐことができます。

4.血圧上昇抑制作用

抗酸化作用が働き、血糖値の上昇を抑制します。

5.抗ガン作用

肺ガンや皮膚ガンなど各種のガンの防止の効果があります。

6.虫歯・口臭予防

歯の間に挟まったカスなどの雑菌の活動を抑えます。また、歯を強化するフッ素も含まれていて、虫歯予防につながります。

7.整陽作用

腸の中の悪玉菌に反応して、殺菌します。

カテキンと乳製品に関して

お茶などのカテキンは、できるだけ乳製品と一緒に摂取するのは避けた方いいとの考え方が、一般的でした。その理由はカテキンと乳製品を一緒に摂取すると、カテキンの効果が著しく低下させてしまうためでした。

しかし、最近分かった京都大学の研究結果によると、「乳タンパク質は茶ポリフェノールの血圧降下作用を阻害するのではなく、その作用を遅延するとともに持続性を付加することが明らかとなった」とのことです。

要するに牛乳とお茶を一緒に飲んでも、カテキンの効果は期待できるようです。ただカテキンの効果は、お茶だけを飲んだときよりも、カテキンの効果が遅れて表れるようです。

コメント

  1. […] インフルエンザに緑茶に含まれるカテキンが効く […]