しなびた野菜が蘇る、50度洗いの正しい洗い方!

50度で洗われた野菜たち レタス、ホウレン草、水菜等の葉物野菜は、比較的早くしおれてしまいがちです。そんな元気のなくなった野菜をシャキッとさせる方法が、野菜の50度洗いです。

50度のお湯が野菜を元気にさせるって、ちょっと不思議ですよね。

50度洗いの正しい洗い方

鮮度が落ちた野菜をシャキッとさせる、50度洗いの正しい洗い方を説明します。 [note]

  1. 湯が冷めにくいように、なるべく大きめのボウルに50℃の湯を入れます。
  2. シャキッとさせたい野菜をお湯に浸し、1~3分間を目安に軽く洗います。
  3. 温度が下がる(43度以下)と雑菌が繁殖するので、差し湯をしながら温度が下がらないようにしましょう。
  4. 野菜をボウルから取り出して、ペーパータオル等で水分を拭き取ります。
  5. 数分放置すると、葉っぱ部分に張りが蘇るのを確認できます。

特に水かしいポイントはありません。しいてあげるとすれば、お湯の温度を下げないようにすることと、野菜をボウルから取り出した時に水分を十分に拭き取ることです。 ※トマト等の皮がしっかりしている野菜は、5分ぐらいかけて洗ってください。

50度洗いをした野菜50度洗いする前の白菜と水菜と、50度洗いした後の白菜と水菜

 その他の食材にも使える50度洗い

50度洗いは野菜以外に肉などにも大きな効果がある言われていて、肉は赤味が鮮やかになり、うま味も閉じ込めてくれます。またアサリ、カキなどの魚介類をはじめ、きのこ類、果物、加工品にも効果があるとのことです。 冷凍のお肉や魚は、5~7分ぐらいを目安に洗ってください。冷凍でなければ2、3分ぐらいで大丈夫です。

50度野菜洗いで野菜が元気になる仕組み

野菜に限らず食べ物は、時間がたつと細胞の中の水分が抜けてしまいます。それが、50度のお湯に浸すことで細胞の中が潤い、野菜がシャキッとする原理です。

50度洗いは誰が見つけたの?

50度洗いは、野菜の低温スチーム調理法の技術研究所が、偶然発見されました。開発テストで野菜の低温蒸しを繰り返してるうち、50℃で蒸すと野菜が元気になることがわかったとのことです。

実際やってみて、驚きの効果を実感

私も野菜の50度洗いをやってみましたが、不思議なことに葉っぱが元気になるのを確認いたしました。果物やお肉、キノコでも可能とのことでしたが、それらは実行できていません。ぜひ、機会があればチェレンジして報告したいと思います。

コメント

  1. みくみなみ より:

    あまり効果がなかった