干し椎茸のおいしい戻し方。「冷水」と「時間」がうま味を増やす

乾燥椎茸の旨味はグアニル酸の量

干し椎茸

干し椎茸のおいしい戻し方のポイントは2つ

干し椎茸のおいしい戻し方

1.冷水を使う

  • 干し椎茸についたホコリを取り除くため、水道水で軽く洗う
  • 干し椎茸をいれる容器には、水にしっかり浸かるようにする
  • 干し椎茸をつける水は5℃ぐらいの冷水が望ましい

次の冷蔵庫に入れた際、水温は5度以下になるので水は常温でも大丈夫です。ただお米をとぐときの出会い水と一緒で、容器に入れる水は最初から低い温度がベストです。またカルキが多い水は、椎茸の味が変わってしまうので、できればおいしい水を使いたいですね。

参考:知らない人が多すぎる!お米の3つ秘密

2.冷蔵庫に入れる

  • 必ず冷蔵庫の中に入れて、冷たい水の状態にしてください。

3.戻し時間は24時間以上

  • おいしい椎茸にするためには、24時間以上時間をおいてください。肉厚の干し椎茸の場合は、2日以上を目安にしてください。

うま味を比べるグアニル酸の量を比較

実際に乾燥椎茸を温水、常温、冷水で戻したときの3つのグアニル酸量のデータを比較してみると、結果は一目瞭然です。冷水は、温水で戻したときの320倍グアニル酸の量が多くなります。

  • 温水:0.5mg
  • 常温:20mg
  • 冷水:160mg

理由は水温の温度が10~40℃の場合、干し椎茸から出たリボ核酸が、うま味成分であるグアニル酸に変わったと同時に、酵素がそのグアニル酸を破壊してしまいます。そのため温水や常温の場合は、グアニル酸の量が少なくなってしまうという訳です。

もっと早く干し椎茸を戻す方法

干し椎茸を早く戻す方法

「干し椎茸のおいしい戻し方」と工程1、2までは一緒です。冷蔵庫に1時間ほど入れた後に、椎茸を取出して、石突きを取り除きます。残った傘の部分をスライスして、再度元の水の中に戻し30分~1時間ほど冷蔵庫の中にいれれば、即効性干し椎茸戻しの完成です。

ただどうしても味は、1日時間をかけて戻した椎茸よりも劣ってしまいます。なるべく時間をかけて、おいしい椎茸を食べてもらいたいですね。