プロ顔負けの焼き魚の作り方。切り身と開きで焼き方は違う

プロ直伝、切り身と開きで分ける魚の焼き方

切り身の焼き魚

「川魚は皮から、海魚は身から焼く」と決めてしまっているのは、大きな間違いです。

魚を焼くときに重要なポイントは、盛り付けるときに上になる方から焼くことです。

切り身と開きの違いで、魚の焼き方は変わる

切り身と開きの焼き魚の焼き方は、川魚か海魚かは関係ありません。どちらの場合も、焼き方は同じです。魚を焼く面の順番は、先に焼く面の方がきれいに焼けるので、盛り付けたときに上になる方を先に焼きます。「開き」は身表 、「切り身」は皮表で盛り付けます。

切り身の魚の焼き方

  • 開き・・・身から焼きます。
  • 切り身・・・皮から焼きます。

ちなみに姿魚の場合の盛り付け方は、川魚か海魚で変わります。

姿魚の盛り付け方

  • 川魚・・・頭左・背手前 で盛り付けます。
    ※逆の場合もあります。
  • 海魚・・・頭左・腹手前で、盛り付けます。

バーベキューの場合は、身から焼いた方が食べやすい

魚を網焼きするときは、「切り身」でも身から焼いた方が食べやすくなります。理由は、身を先に焼いた方が魚が固くなるため、身がくずれにくくなるからです。そうすると、食べるときにボロボロさせずに食べやすいです。

ぜひ、様々な魚を利用シーンに応じて試してみてください。