ヨーグルトが、風邪やインフル対策に効果があることが明らかに

ヨーグルトヨーグルトを食べている人と、食べていない人での風邪、インフルエンザいに対する実験が行われました。

その結果ヨーグルト(乳酸菌)について新しいことがわかりました。

ウイルスを抑制効果を確認

乳酸菌1073-1を使ったヨーグルトを摂取すると、ウイルス感染した細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK)の働きを活発にし、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが、東京都内で開かれたセミナーで報告されました。北里大などによるマウス実験の結果で、このヨーグルトを食べると風邪をひく危険性も半減したとの報告もされました。

ナチュラルキラー細胞<NK>と多糖体<EPS>

1073R-1のヨーグルトをマウスに4週間与えたところ、NK細胞の働きがより活発に。
この乳酸菌が作るEPSを3週間与えても、同様の結果を得られました。ヨーグルトやEPSを食べさせたマウスにインフルエンザウイルスを感染させたところ、感染力のある肺の中のウイルス量が減ることもわかりました。

人間でも結果を証明

山形と佐賀県内の60歳以上の72人に、このヨーグルトを8週間と12週間食べてもらい、食べなかった70人と比べたところ食べた人は風邪をひく危険性が半減。北里大の山田陽城教授は「 乳酸菌も粘膜免疫系などの活性化に働くなどして健康維持にかかわると推定される 」と指摘。
今回は、実験データが少ないことから推定という結果でしたが、近い将来論文等で発表されるかもしれません。

コメント