平熱(体温)を1度上げて、「脱」冷え性!

一般的な平均体温は、36.5度体温が1度下がると免疫力が37%低下し、体内酵素の働きが悪くなると言われます。すると冷え性になる可能性が高くなってしまいます。

平熱(体温)を上げるには、どうしたらいいのでしょうか?

高体温と低体温の違い

近年では女性だけでなく、男性にも低体温の方が増えています。一般的に健康な人の平熱は、約36.5度くらいです。理想の体温であれば、細胞の新陳代謝が活発で免疫力も高く、病気にかかりずらい状態を保つことができます。

冷えは万病の元

体温が36.5度から離れていくと、免疫力が低下してると風邪などにもかかりやすくなり、アレルギー症状が出やすくなります。また、血液の循環も悪くなるため、脂肪が燃えにくくなり、むくみもおこしやすくなるなど、健康被害だけでなく、肥満の元になります。さらに、太りやすく痩せづらい体質になってしまうばかりか、肌荒れ、くすみ、便秘などの原因にもなりかねません。

低体温の原因となる生活習慣

  1. 食生活の乱れ(冷たい食べ物や飲み物、甘いものを毎日食べている)
  2. 薄着(素足・ミニスカート)
  3. 運動不足
  4. 過度なダイエットをしている
  5. 日常に強いストレスを感じている

低体温対策は「温める、熱を産む、熱が逃がさない」が大事

  1. 体質と食物を考えた
    体を冷やす作用のある糖分の摂取を控えて、体が温まる食べ物、飲み物をとるようにしましょう。また良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルをしっかりとり、熱を産む栄養素を積極的に食べましょう。
  2. 運動で熱を産める体に
    ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を毎日行い、血液の循環を良くしましょう。
  3. 物理的に温める
    おへその下とその真裏の腰にカイロを挟み貼りし、直接保温する(シャツや肌着の上に貼る)。冷えた内臓を温め、内蔵の機能低下を改善します。(必ずカイロの取り扱い方法を読み、説明に従ってご使用ください。)
    足はレッグウォーマーや、ハイソックスでたえず暖めるようにしましょう。お風呂に入れないときは、足湯をしてあたためましょう。

定期的に体温を計ることで、意識を変わる

まずは、あなたがどれぐらいの体温かを知ることが重要です。朝起きて、体を起こす前に測りましょう。1週間連続で測り、平均値を出して平熱をチェックしてください。平熱が35度台の方は低体温症なので注意が必要です!

生活習慣を少し見直すだけでも、低体温は改善することができます。小さなところからコツコツと改善していき、平熱を1度上げることを意識して、「脱」冷え性を目指しましょう。

その他の冷え性、体温に関するオススメ記事

コメント

  1. […] 平熱(体温)を1度上げて、「脱」冷え性! […]