出産祝いのプレゼントに迷ったらコレ!

友達や兄弟の赤ちゃんが生まれて、「出産祝いのプレゼントは何にしようか」なんて迷った経験はありませんか?

出産祝いをもらったことがあるお子さんがいる家では、コレはよかったけど、アレは使わな ...

出産祝いで偶数のお札は縁起が悪い?

兄弟や友達、職場、親戚に赤ちゃんが生まれたとき、お祝いとして「出産祝い」を贈ったことはありませんか。そのときあなたは、いくらのお祝い金、またはプレゼントを贈りましたか?

出産祝いについては ...

出産手当金と出産育児一時金は、両方受け取れる出産手当金とは?

会社員で健康保険に加入している人は、産休中(産前42日、産後56日)はお給料が出ない会社がほとんどです。そのため産休中の生活を支えてくれるのが、出産手当金です。その手当は、健 ...

「いきむ」のは難しい?骨盤底のトレーニング

骨盤底という言葉を聞いたことはありますか?骨盤底は出産のときに大事な筋肉です。赤ちゃんは、骨盤底を通りぬけて生まれてくるため、ここの筋肉の強さが出産時間を左右すると言っても過言ではありません。 ...

出産するときのシミュレーションが大切筋肉を鍛えるよりも、使ってない筋肉を使う感じ

お産中は足や腕、肩を中心にいろいろな場所の筋肉を使います。そのため、出産後は体のあらゆるところが痛くなります。

そうならないようにするために、 ...

出産の準備をすると出産が楽になる

今、この瞬間に世界中で産声があがっています。

受精して産まれてくるまでの平均日数は266日です。初産の妊婦には、妊娠生活を通して最後の初体験となります。出産に対してどういう気持ちで迎えたらい ...

妊娠中のママの体の変化(妊娠10ヶ月)臨月(36~39週6日の時期)はおなかの張りや胎動がMAX

出産間近になると、足のつけ根や恥骨の痛みが、ますます強くなってきます。理由は、赤ちゃんが骨盤内に下がってきて、おなかがグンと前に突き出てく ...

日本人女性が赤ちゃんを産まない理由の第一位は?

出産や子育ての国策は、機能していません。なぜなら、ある調査で赤ちゃんを産まない一番の理由は、「子育てや教育にお金がかかりすぎる」という回答だからです。産みたいけど産めない私たちの国は、残念 ...

出産へ現役助産婦の3つのアドバイス

出産は多くの女性が体験する人生最大のイベントといっても過言ではありません。よく出産の表現に例えられるのが、「鼻からスイカを出すぐらい痛い」と言われています。

女性のために現役助産婦が、出産 ...

新生児の体重が下がり続ける理由とは?

毎年出産時の赤ちゃんの体重が軽くなっています。

1年単位で比較するとその変化は、気になるほどではありません。しかし、ピーク時の1980年から比べると、体重は約7%(200グラム)も軽くな ...