生理痛は食事などの努力で抑えられる生理が起こるメカニズム

生理(月経)は、10~15歳ごろに始まり閉経(50歳ごろ)するまで1ヶ月に一度のペースでやってきます。受精が行われなかった子宮内膜は、剥がれ落ちて血液とともに体外に出てくる症状で ...

生理が来ないときに覚えておきたいこと

いつも予定通り生理が来ているのに、今月は3日過ぎても生理がこない。思い当たる節のある方は「もしかしたら、妊娠したのかもしれない」と考えるのが普通です。しかし、妊娠検査薬は、陰性反応のことがあります。 ...

妊娠出血と生理出血の違い

妊娠を期待しいる女性は、生理予定日前後に出血がおこると「ダメだった」とガッカリしてしまうことがあります。しかし、出血をしていても妊娠している可能性があることを覚えておいてください。

確認ポイントは「色・量 ...

せいり(げっけい)

成熟した女性の子宮から周期的に起こる、生理的な出血のことです。一般的に使われる生理とは「生理的出血」の意味で医学的には「月経」といいます。

子宮には、子宮内膜と呼ばれる粘膜層が存在していますが、排卵したけ ...

妊娠の兆候と生理前の症状を区別は難しい妊娠の兆候と生理前の症状

妊娠1ヶ月(妊娠0週0日~3週6日)は、最終月経の初日から28日間をいいます。しかし実際には最初の2週間については、現代医学では妊娠していないことになっています。その理由は ...

妊娠中のママの体の変化(妊娠1ヶ月目)超音波検査はスゴイ

超音波検査は、妊娠して産婦人科を受診すると、ほぼ必ずを行われます。人類と同じく、日に日に進化し続ける超音波検査は、妊娠する前の卵巣や子宮の中、受精卵が着床する子宮内膜の様子など、 ...