法律一覧

裁判員候補に選ばれる確率。裁判員はいつ、どうやって選ばれる?

住んでいる地域の人口や、事件の多さによって選ばれる確率は変わります。一番高い確率で選ばれる場所は、大阪です。 記事を読む

妊娠を告げたら解雇!職場マタハラ根絶へ問われる法改正

少子化対策するなら、「妊娠で解雇される社会を変えるべき」と考えるのは私だけではないでしょう。違法企業に対しては、もっと罰則を強化するべきです 記事を読む

三人乗り自転車はママの強い見方。2009年法律に認められる

くれぐれも2人用の自転車で、3人乗りはバランスが悪くなり危険ですから注意してください。また自転車走行中に携帯電話で通話していると、罰金というケースもあるようです。 記事を読む

裁判員制度の導入目的。3人から9人での裁判判決スタート

目的は裁判の内容に国民の意見(民意)が反映させることです。その結果、一人ひとりの国民が裁判を身近に感じて、司法に対する理解と信頼を深めたい願いが込められています 記事を読む

省エネ住宅ポイントと住宅エコポイント制度との違い

省エネ住宅ポイント制度と前回の住宅エコポイント制度(復興支援・住宅エコポイント)との違いを紹介。またこれまでのエコ関連の政策についてまとめています 記事を読む

200年住宅から長期優良住宅に命名変更!フラット50の魅力

親子ニ代で住宅ローンを組める時代になりました。ただフラット50は返済期間が長くなるので、利息負担が圧倒的に高くなります。契約は慎重に取り組みましょう 記事を読む

コンビニが医薬品販売をスタート!さらに身近になったコンビニ

2009年6月からコンビニで風邪薬や胃薬、湿布などが買えるようになりました。24時間営業のコンビニが薬を販売することで小売の競争は一層激しくなりそうです 記事を読む

定額給付金の効果を検証!当時はおなかの赤ちゃんももらえた?

1人当たり12,000円、18歳以下と65歳以上には20,000円が支給されました。苦しい家計を支えたのは間違いありませんが、総額2兆円の経済効果はどうだった? 記事を読む

燃料費調整制度とは?原油が急騰しても電気料金が急に上がらない理由

原油が高騰してもその影響が、直接的に私たちの生活へ影響を及ぼさないよう、クッションの役割をするのが燃料費調整制度です 記事を読む

出産育児一時金の増額は少子化対策とは無関係!?

2009年の出産育児一時金の増額は、少子化対策ではありません。本当の目的は、産婦人科医離れに歯止めを掛けることでした。なぜ政治家は少子化対策と言ったのでしょうか 記事を読む