新生児の病気の用語一覧

新生児黄疸

しんせいじおうだん 生まれてから2~3日すると、多くの赤ちゃんの肌が黄色っぽくなる症状を新生児黄疸といいます。 赤ちゃ... 記事を読む

乳児脂漏性湿疹

にゅうじしろうせいしっしん 赤ちゃんの顔や体に出る湿疹の総称を乳児湿疹と呼びます。 食べこぼしやよだれ、汗などが原因で... 記事を読む

突発性発疹

とっぱつせいほっしん 高い熱が3~4日続き、熱が下がる頃、あるいは熱が下がった後に顔や体全体に赤い発疹が出る病気で... 記事を読む

乳児嘔吐下痢症

にゅうじおうとげりしょう ウイルス感染による胃腸炎です。突然何度も吐きはじめ、その後下痢がはじまります。冬場に流行しや... 記事を読む

腸重積

ちょうじゅうせき 腸が腸(多くは小腸の終末部分が大腸に入り込む)の中に入り込み、入り込んだ腸が圧迫されて通過障害(腸閉... 記事を読む

肥厚性幽門狭窄症

ひこうせいゆうもんきょうさくしょう 胃から十二指腸に移る幽門部という部位の周りの筋肉(輪状筋)が異常に厚くなって内腔を... 記事を読む

川崎病

かわさきびょう 日本人医師、川崎富作先生によって発見された病気です。0~5歳ぐらいの子どもが、以下症状を発症します... 記事を読む

色素性母斑

しきそせいぼはん 色素性母斑は一般的にくろあざと言われ、小さなものを黒子(ほくろ)と言います。黒くなるのはメラニン... 記事を読む