妊娠生活一覧

妊娠中に食べ過ぎ注意の食品。インスタント食品や揚げ物は控えめに

妊娠中は、揚げ物やコンビニ惣菜(弁当)、一皿食品(カレーや丼もの)など高カロリー、高塩分の食事を避けたいですね。また洋菓子は、脂肪分や糖分が多いので取りすぎに注意しましょう 記事を読む

妊娠中に積極的に食べたい食品。緑黄色野菜や菌類、殻類

妊娠中の食事では、緑黄色野菜、キノコ類(菌類)、脂肪分の少ないタンパク質、大豆製品類を積極的に食べましょう。また大事なのは食事の量を増やすことよりも、質を高めることです。 記事を読む

赤ちゃんのアレルギー体質を防ぐ。原因はママの食事!?

「牛乳、卵、大豆」は栄養価の高い食品ですが、赤ちゃんをアレルギー体質にしてしまうかもしれない「3大アレルギー源」ということを覚えておいてください 記事を読む

一手間かけて食品を安全にする。洗う、茹でる、あくを取る

ポストハーベストや着色料を含んだ食品は、おなか赤ちゃんに悪影響をあたえ兼ねません。食品に対する最低限の知識を身につけることは、赤ちゃんを守ることにつながります 記事を読む

加工食品と食品添加物は妊婦の敵!徹底的に避けよう

保存料や着色料などの食品添加物は、体に良くありません。毎日の食事で、おなかの赤ちゃんに悪い影響を与えていたら不安じゃありませんか 記事を読む

妊娠中に気をつけたいシャンプー選び。合成洗剤は歯磨き粉や洗剤にも

合成洗剤は、シャンプーや歯磨き粉、食器洗剤などに使われています。普段、合成洗剤を意識することは少ないですが、妊娠中のシャンプーのすすぎ方、歯磨き後のうがい等は入念に行いましょう 記事を読む

赤ちゃんも妊娠中のママも、お肌の紫外線対策は年中無休

今まで妊婦の日光浴は良いとされていましたが、1998年に母子手帳から日光浴を勧める記事が削除されました。理由は、近年紫外線が強くなってきたためです 記事を読む

パーマや髪染めは妊娠中NG。合成界面活性剤が胎児に影響

パーマや髪染めは、おなかの赤ちゃんに良い影響をあたえません。理由は、パーマ液や髪染め(合成界面活性剤)が、頭皮から体の内部に入ってしまうからです 記事を読む

赤ちゃんグッズ選びパート2。失敗しないアイテム

赤ちゃんの成長は、とても早いです。そのため赤ちゃんのグッズの利用期間は、短くなりがちです。そんな赤ちゃんグッズを買ったママが、失敗してしまった経験をご紹介します 記事を読む

つわり対策は食事や衣類、運動で。つわりのピークは妊娠2、3ヶ月

程度の重い軽いはありますが、ほとんどの妊婦さんはつわりになります。つわりを楽にするためには、その対策方法を頭の中に入れて実践しましょう 記事を読む