妊婦のおなか一覧

想像妊娠で帝王切開。おなかには赤ちゃんがいなかった

日本での事例はありませんが、世界では想像妊娠での帝王切開事例が報告されています。なぜこんなことが起こってしまうのでしょうか。 記事を読む

脳死(生命維持装置により延命)の女性から元気な男の子が生まれる

夫ディランは「生まれたとき、アイバーは小さな手で私の指をつかんだんだ。彼が生まれてとても幸せだが、同時に彼女が一緒にいないことが言葉にできないほど悲しい」 記事を読む

ロキソニンSの効果と副作用。妊娠初期・末期や授乳中は服用の危険

妊娠末期の場合は、ロキソニンを服用し胎児の動脈管(胎児の時のみに開通している血管)を閉じてしまう可能性があることが近年報告されました。必要な場合は医者へ相談しましょう。 記事を読む

妊婦の心をつかんだ陣痛タクシー。妊娠中のママは要チェック

2012年5月13日の母の日に「陣痛タクシー」サービスを開始した日本交通の利用者が、右肩上がりに成長。スタートから半年で登録者が1万人を超え、2013年5月末には登録者が2万人を超え、利用者が7,710人! 記事を読む

出産をスムーズにするために、現役助産婦が勧める「ナツメ」を食べよう

調査によると、妊娠9カ月目にナツメを意識的に食べていた妊婦は、食べていない妊婦と比較して分娩(ぶんべん)台にいた時間が平均7時間も短かったそうです。 記事を読む

妊娠中は絶対ダメ!ノンアルコールビールもアルコール飲料

アルコールを含むノンアルコールビールのアルコール濃度は実際には1%未満ですが、1%と仮定しましょう。普通のビールのアルコール濃度を4%とします。この場合、ノンアルコールビール4缶は、普通のビール1缶分という計算になります。 記事を読む

赤ちゃんの名付で人生変わる!?発音しづらいと損するかも

自分の名前を人に覚えてもらうのに苦労経験はありませんか?呼びやすい名前を持っている人は、人から良い反応を得られる実験結果がわかりました。 記事を読む

妊娠中赤ちゃんには、いつからママの声が聞こえてる?

少し前の研究では、赤ちゃんは出産してから数ヶ月で言語音を識別することができると言われてました。しかし、最近分かった研究では、お腹の中にいるときからわかるようになるとのことです。 記事を読む

カンガルーケアの言葉の響きが招く、安全面での問題点

カンガルーケアをめぐっては、医療訴訟も起きています。中には、中止する施設も出てきました。理由は、正常新生児に限ってカンガルーケアの最中に急変するケースが報道されるようになったからです。 記事を読む

高い技術で安心して出産できる環境。総合周産期母子医療センター完成

毎年埼玉県では、約6万人の赤ちゃんが産まれ、治療が必要なすべての赤ちゃんをサポートできていませんでした。今回の設備は、その赤ちゃんをサポートできるようにするためです。 記事を読む